研究者
J-GLOBAL ID:201401060197941309   更新日: 2020年03月04日

鴻野 知暁

コウノ トモアキ | Kono Tomoaki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 日本語学
研究キーワード (4件): 文法 ,  コーパス ,  日本語史 ,  日本語学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2022 日本語コーパスに対する情報付与を核としたオープンサイエンス推進環境の構築
  • 2019 - 2022 『西行物語』諸本の本文の横断的研究
  • 2017 - 2021 コーパスを活用した係り結びの通時的研究の展開
  • 2016 - 2019 コーパスを活用したテキスト校訂・解釈の研究
  • 2015 - 2019 日本語歴史コーパスの多層的拡張による精密化とその活用
全件表示
論文 (5件):
  • 鴻野知暁. 上代日本語の複合動詞の項構造について-二つの内項を取る場合を中心に-. 言語・情報・テクスト. 東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻紀要. 2018. 25. 41-50
  • 冨士池優美, 鴻野知暁. 『西行物語』の語彙-コーパスを用いた予備的考察-. 西行学. 2018. 9. 83-92
  • 鴻野知暁. 逆接句を構成するコソの係り結びとその周辺. 東京大学. 2016. 1-170
  • 鴻野 知暁. 助詞コソの文末における一用法. 言語情報科学. 2012. 10. 19-35
  • 鴻野 知暁. ゾの係り結びの発生について. 国語国文. 2010. 79. 12. 37-54
MISC (3件):
  • 鴻野知暁. 接頭辞「御」の係る範囲について. むらさき. 2019. 56. 90-94
  • 鴻野 知暁. コーパス作成の現場における同語異語判別 (特集 「同じことば」の言語学). 日本語学. 2017. 36. 11. 46-55
  • 鴻野 知暁. 『日本語歴史コーパス 鎌倉時代編』短単位規程集Ver.1.0. 2017
書籍 (1件):
  • コーパスと日本語史研究
    ひつじ書房 2015
講演・口頭発表等 (37件):
  • 逆接句の意味分類
    (令和元年度東京大学国語研究室会 2019)
  • 古代語の「形容詞+モ」に関わる構文とその機能
    (「通時コーパス」シンポジウム2019 2019)
  • CHJとONCOJの比較-古代日本語に関する二つのコーパス-
    (第19回東京大学言語変異・変化研究会研究発表会 2019)
  • 「オックスフォード・NINJAL上代語コーパス」の公開
    (日本語学会2018年度秋季大会 2018)
  • 疑問詞疑問文におけるカとゾの出現位置について
    (NINJAL-Oxford 通時コーパス国際シンポジウム 2018)
もっと見る
Works (2件):
  • 日本語歴史コーパス 奈良時代編I万葉集
    国立国語研究所, 鴻野知暁ほか, 編 2017 -
  • 日本語歴史コーパス 鎌倉時代編II日記・紀行
    国立国語研究所, 鴻野知暁, 渡辺由貴, 池上尚ほか, 編 2017 -
学位 (2件):
  • 博士(学術) (東京大学)
  • 修士(学術) (東京大学)
経歴 (11件):
  • 2019/04 - 現在 東京大学 大学院人文社会系研究科日本文化研究専攻日本語日本文学講座 助教
  • 2019/04 - 現在 早稲田大学 非常勤講師
  • 2018/04 - 現在 青山学院大学 非常勤講師
  • 2017/04 - 現在 昭和女子大学 非常勤講師
  • 2017/04 - 2019/03 東京大学 大学院総合文化研究科言語情報科学専攻 助教
全件表示
所属学会 (5件):
訓点語学会 ,  萬葉学会 ,  アジア辞書学会 ,  物語研究会 ,  日本語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る