研究者
J-GLOBAL ID:201401062013009337   更新日: 2020年10月08日

松野 孝平

マツノ コウヘイ | Kohei Matsuno
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://hu-plankton.jp/https://sites.google.com/view/koheimatsuno
研究分野 (2件): 水圏生産科学 ,  環境動態解析
研究キーワード (12件): マイクロプランクトン ,  気候変動 ,  グリーンランド ,  南極海 ,  Optical plankton counter ,  サイズ組成 ,  セジメントトラップ ,  群集構造 ,  植物プランクトン ,  カイアシ類 ,  北極海 ,  動物プランクトン
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 2021 餌生物の違いがカイアシ類の成長生産に与える影響に関する実験生態学的研究
  • 2019 - 2020 海氷中の低次生態系の動態に関する研究
  • 2019 - 2020 有殻翼足類の再生産と初期発育段階に関する生態学的研究
  • 2018 - 2019 季節海氷域における海氷期の生態系構造に関する研究
  • 2016 - 2018 海外特別研究員
全件表示
論文 (56件):
  • Inaba, N, I. Kodama, S. Nagai, T. Shiraishi, K. Matsuno, A. Yamaguchi, I. Imai. Distribution of harmful algal growth-limiting bacteria on artificially introduced Ulva and natural macroalgal beds. Applied Science. 2020. 10. 16. 5658-5658
  • Jee-Hoon Kim, Kyoung-Ho Cho, Hyoung Sul La, Eun Jung Choy, Kohei Matsuno, Sung-Ho Kang, Won Kim, Eun Jin Yang. Mass Occurrence of Pacific Copepods in the Southern Chukchi Sea During Summer: Implications of the High-Temperature Bering Summer Water. Frontiers in Marine Science. 2020. 7
  • Abe, Y, K. Matsuno, A. Fujiwara, A. Yamaguchi. Review of spatial and inter-annual changes in the zooplankton community structure in the western Arctic Ocean during summers of 2008-2017. Progress in Oceanography. 2020. 186. 102391-102391
  • Koki Tokuhiro, Yoshiyuki Abe, Jonaotaro Onodera, Makoto Sampei, Amane Fujiwara, Naomi Harada, Kohei Matsuno, Eva-Maria Nöthig, Atsushi Yamaguchi. Regional comparison of seasonal changes on copepod community structure in the Arctic Ocean. Polar Science. 2020. 24. 100509-100509
  • K Matsuno, N Kanna, S Sugiyama, A Yamaguchi, EJ Yang. Impacts of meltwater discharge from marine-terminating glaciers on the protist community in Inglefield Bredning, northwestern Greenland. Marine Ecology Progress Series. 2020. 642. 55-65
もっと見る
MISC (46件):
  • Abe, Y, N. Hildebrandt, K. Matsuno, B. Niehoff, A. Yamaguchi. Comparison of the vertical distribution of pelagic copepod abundance, biomass and community structure between the Atlantic and Pacific sectors of the Arctic Ocean. Bulletin of Fisheries Sciences, Hokkaido University. 2020. 70. 1. 91-102
  • Hanamiya, Y, H. Murase, K. Matsuno, A. Yamaguchi. Vertical distribution, community structure, and active carbon flux of two Macrozooplankton taxa: Amphipods and Euphausiids in the summer of the western North Pacific. Bulletin of Fisheries Sciences, Hokkaido University. 2020. 70. 1. 77-89
  • 稲葉信晴, 松本卓真, 梶原瑠美子, 松野孝平. 稚ナマコの餌料環境についての検討. 寒地土木研究所月報. 2020. 802. 71-75
  • Matsuno, K, A. Fujiwara, T. Hirawake, A. Yamaguchi. Ingestion rates and grazing impacts of Arctic and Pacific copepods in the western Arctic Ocean during autumn. Bulletin of Fisheries Sciences, Hokkaido University. 2019. 69. 2. 93-102
  • 濵 斉之, 阿部義之, 松野孝平, 山口 篤. 4連ノルパックネットを用いたネット目合いの違いが濾過効率と採集効率に与える影響に関する研究. 北海道大学水産科学研究彙報. 2019. 69. 1. 47-56
もっと見る
書籍 (4件):
  • プランクトンは海の語り部 ~変わりゆく極域~
    海文堂出版 2020
  • 水産科学・海洋環境科学実習
    海文堂出版 2019
  • 海をまるごとサイエンス ~水産科学の世界へようこそ~
    海文堂出版 2018
  • 低温環境の科学辞典
    朝倉書店 2016
学歴 (2件):
  • 2008 - 2013 北海道大学大学院 海洋生物資源科学
  • 2004 - 2008 北海道大学 水産海洋科学
学位 (1件):
  • 水産科学 (北海道大学)
経歴 (4件):
  • 2017/10 - 現在 北海道大学 大学院水産科学研究院 海洋生物資源科学部門 海洋生物学分野 助教
  • 2019/02 - 2019/06 University of Tasmania Antarctic Climate and Ecosystems (ACE) CRC Adjunct Professor
  • 2016/04 - 2017/09 オーストラリア南極局 JSPS 海外特別研究員
  • 2013/04 - 2016/03 国立極地研究所 国際北極環境研究センター 特任研究員
委員歴 (2件):
  • 2020/09 - 現在 PICES Working Group 44: Joint PICES/ICES Working Group on Integrated Ecosystem Assessment for the Northern Bering Sea - Chukchi Sea (NBS-CS) Member
  • 2020/03 - 現在 JCAR 北極域研究船利用計画WG 委員
受賞 (5件):
  • 2018/05 - 日本海洋学会 日本海洋学会岡田賞
  • 2017/03 - 日本プランクトン学会 日本プランクトン学会奨励賞
  • 2016/03 - 国立極地研究所 GRENE北極気候変動研究 若手賞
  • 2013/03 - 北海道大学大学院水産科学院 伊藤一隆賞
  • 2012/03 - 2012年度日本海洋学会春季大会 ベストポスター賞
所属学会 (4件):
日本地球惑星科学連合 ,  Association for the Sciences of Limnology and Oceanography ,  日本海洋学会 ,  日本プランクトン学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る