研究者
J-GLOBAL ID:201401064755079894   更新日: 2020年09月24日

伊藤 智広

イトウ トモヒロ | Itoh tomohiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 水圏材料分子化学研究分野  准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/30435854.ja.html
研究分野 (2件): 栄養学、健康科学 ,  実験病理学
研究キーワード (7件): 皮膚常在菌 ,  エクソソーム ,  分化 ,  骨芽細胞 ,  加齢・老化 ,  microRNA ,  マイクロRNA
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2018 - 2021 骨代謝を制御する骨細胞が分泌する膜微小胞による破骨細胞分化誘導機構の解明
  • 2020 - 2021 表皮ブドウ球菌が分泌する膜美小胞による皮膚バリア機能制御機構の解明
  • 2019 - 2020 海藻由来の膜微小胞による抗炎症機構の解明
  • 2015 - 2018 骨形成関連microRNAを包含したexosomeの開発
  • 2013 - 2016 培養細胞を利用した養殖クロマグロ品質改善システムの構築
全件表示
論文 (80件):
  • Tomohiro Itoh, Kanako Fukatani, Ayaka Nakashima, Kengo Suzuki. MicroRNA-141-3p and microRNA-200a-3p regulate α-melanocyte stimulating hormone-stimulated melanogenesis by directly targeting microphthalmia-associated transcription factor. Scientific reports. 2020. 10. 1. 2149-2149
  • Masashi Ando, Takahiro Yamada, Yoichiro Okinaga, Etsuko Taguchi, You Sugimoto, Akiko Takeuchi, Tomohiro Itoh, Takashi Fukuda, Yasuyuki Tsukamasa. Evaluation of the inhibition of mercury absorption by vegetable juices using a red sea bream intestine model. Food chemistry. 2020. 303. 125351-125351
  • Mina Nagumo, Masayuki Ninomiya, Natsuko Oshima, Tomohiro Itoh, Kaori Tanaka, Atsuyoshi Nishina, Mamoru Koketsu. Comparative analysis of stilbene and benzofuran neolignan derivatives as acetylcholinesterase inhibitors with neuroprotective and anti-inflammatory activities. Bioorganic & medicinal chemistry letters. 2019. 29. 17. 2475-2479
  • Tomohiro Itoh, Kousuke Katsurayama, Mai Efdi, Masayuki Ninomiya, Mamoru Koketsu. Sentulic acid isolated from Sandoricum koetjape Merr attenuates lipopolysaccharide and interferon gamma co-stimulated nitric oxide production in murine macrophage RAW264 cells. Bioorganic & medicinal chemistry letters. 2018. 28. 22. 3496-3501
  • Tomohiro Itoh, Akito Ono, Kaori Kawaguchi, Sayaka Teraoka, Mayo Harada, Keitaro Sumi, Masashi Ando, Yasuyuki Tsukamasa, Masayuki Ninomiya, Mamoru Koketsu, et al. Phytol isolated from watermelon (Citrullus lanatus) sprouts induces cell death in human T-lymphoid cell line Jurkat cells via S-phase cell cycle arrest. Food and chemical toxicology : an international journal published for the British Industrial Biological Research Association. 2018. 115. 425-435
もっと見る
MISC (15件):
  • 伊藤智広. 食品加工および植物栽培時における副産物をどう活かすか(4)〜水産加工残渣や漁獲未利用魚,養殖副産物などの有効活用〜. 日本調理食品研究会誌 調理食品と技術. 2019. 25. 2. 91-101
  • 伊藤智広. 食品加工および植物栽培時における副産物をどう活かすか(3)〜柿加工時の皮残渣に含まれる魅力的な機能成分について〜. 日本調理食品研究会誌 調理食品と技術. 2019. 25. 1. 20-29
  • 伊藤智広. 食品加工および植物栽培時における副産物をどう活かすか(2)〜スイカ栽培におけるスプラウトの有効活用〜. 日本調理食品研究会誌 調理食品と技術. 2018. 24. 4. 169-175
  • 伊藤智広. 食品加工および植物栽培時における副産物をどう活かすか(1)〜小豆加工残渣の有効活用〜. 日本調理食品研究会誌 調理食品と技術. 2018. 23. 3. 101-108
  • 塚正泰之,中村康平,永戸達朗, 山本敬吾朗,森田智一,平岡智樹,福田隆志,伊藤智広,安藤正史. 冷凍カツオ肉の肉色保持技術に関する研究. 日本水産学会誌. 2018. 84. 111-118
もっと見る
特許 (13件):
講演・口頭発表等 (59件):
  • 表皮ブドウ球菌およびアクネ菌が分泌する膜微小胞は皮膚バリア制御分子として機能するか?
    (日本薬学会第140年会)
  • ヒロメ(Undaria undarioides)から調製したエクソソーム様微小胞の免疫賦活能
    (日本農芸化学会2020年度年会)
  • 表皮ブドウ球菌が分泌する膜微小胞は 皮膚バリア機能に貢献するか
    (第10回化粧品開発展 Cosme Tech2020)
  • 福岡県糸島沿岸にて採取したアラメ(Eisenia bicyclis)から単離したフロロタンニン類のメラニン生成抑制効果
    (日本食品科学工学会中部支部大会 2019)
  • miRNA-294によるマウス骨芽細胞株MC3T3-E1細胞の分化制御機構
    (2019年度日本分子生物学会)
もっと見る
経歴 (3件):
  • 2016/04 - 現在 三重大学大学院 生物資源学研究科 准教授
  • 2015/04 - 2016/03 近畿大学 農学部 准教授
  • 2011 - 2015/03 近畿大学 農学部 講師
受賞 (2件):
  • 2017/09 - 株式会社リバネス 第36回リバネス研究費L-RAD賞 富栄養化環境に適応した陰日性サンゴに含まれる機能性成分の医薬・香粧品への利用
  • 2015/03 - 日本水産学会 奨励賞 藍藻類イシクラゲをはじめとする天然物に含まれる機能性成分に関する研究
所属学会 (11件):
日本水産学会 ,  International Society for Extracellular Vesicles ,  日本細胞外小胞学会 ,  日本香粧品学会 ,  日本骨代謝学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本薬学会 ,  日本栄養・食糧学会 ,  日本食品科学工学会 ,  日本食品化学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る