研究者
J-GLOBAL ID:201401071706676905   更新日: 2020年10月16日

江口 洋子

エグチ ヨウコ | Yoko Eguchi
所属機関・部署:
研究分野 (3件): 精神神経科学 ,  実験心理学 ,  社会心理学
研究キーワード (7件): 財産管理能力 ,  医療同意能力 ,  意思決定 ,  超高齢者 ,  神経心理学 ,  老年心理学 ,  認知症
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 高齢患者の簡易医療同意能力スクリーニングと意思決定支援ツールの開発
  • 2020 - 2023 高齢患者の簡易医療同意能力スクリーニングと意思決定支援ツールの開発
  • 2017 - 2022 高齢者の詐欺被害を防ぐしなやかな地域連携モデルの研究開発
  • 2017 - 2020 ビッグデータに基づいた医用人工知能の実装に向けた多面的検討
  • 2015 - 2018 行動学的・生理学的データを用いた精神症状の定量化技術の開発
全件表示
論文 (43件):
  • Taishiro Kishimoto, Akihiro Takamiya, Kuo-ching Liang, Kei Funaki, Takanori Fujita, Momoko Kitazawa, Michitaka Yoshimura, Yuki Tazawa, Toshiro Horigome, Yoko Eguchi, et al. The project for objective measures using computational psychiatry technology (PROMPT): Rationale, design, and methodology. Contemporary Clinical Trials Communications. 2020. 100649-100649
  • Kouta Suzuki, Hidehito Niimura, Hisashi Kida, Yoko Eguchi, Chiho Kitashima, Midori Takayama, Masaru Mimura. Increasing light physical activity helps to maintain cognitive function among the community-dwelling oldest old population: a cross-sectional study using actigraph from the Arakawa 85+ study. Geriatrics & gerontology international. 2020
  • Yugaku Daté, Daisuke Sugiyama, Hajime Tabuchi, Naho Saito, Mika Konishi, Yoko Eguchi, Yuki Momota, Takahito Yoshizaki, Kyoko Mashima, Masaru Mimura, et al. The utility of simple questions to evaluate cognitive impairment. PLOS ONE. 2020. 15. 5. e0233225-e0233225
  • 山本 小緒里, 江口 洋子, 斎藤 文恵, 米津 彩子, 西川 順治, 穴水 幸子. 社会的出来事記憶の回復を示した前交通動脈瘤破裂の1例. 高次脳機能研究. 2020. 40. 1. 37-37
  • 上野大介, 大工泰裕, 江口洋子, 成本迅. 心理社会的特性と認知機能に基づく高齢者の詐欺被害防止に関する今後の展望. 生老病死の行動科学. 2020. 24. 9-21
もっと見る
MISC (70件):
  • 竜﨑俊亘, 河野佐代子, 江口洋子, 林田健太郎. 高齢者のSHDカテーテル治療の適応(特集 プライマリ・ケア医が知っておくべき心不全診療). 治療. 2020. 102. 6. 728-732
  • 江口洋子. 認知症と財産管理. 三色旗 慶應義塾大学通信教育部. 2020. 829. 3-9
  • 渡部 諭, 江口 洋子, 小久保 温, 澁谷 泰秀, 大工 泰裕, 藤田 卓仙, 成本 迅. 秋田シンポジウムと東京フォーラムの活動について : 高齢者の特殊詐欺被害防止へ向けて. 秋田県立大学ウェブジャーナルA(地域貢献部門) = Akita Prefectural University Web Journal A (Regional Contribution Activities). 2020. 7. 30-40
  • 江口洋子, 吉田和生, 岸本泰士郎. 遠隔医療や機械学習を活用した認知症診療の展望. Dementia Japan. 2020. 34. 1. 52-60
  • 江口洋子. 超高齢者の「生きる」を支える、「生きたい姿」に寄り添う. 日本老年行動科学会 NEWS LETTER. 2019. 70. 7-7
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (10件):
  • 神経心理学への誘い 高次脳機能障害の評価
    西村書店 2020 ISBN:9784867060131
  • 公認心理師のための基礎から学ぶ神経心理学:理論からアセスメント・介入の実践例まで
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:4623084213
  • エッセンシャル金融ジェロントロジー
    慶應義塾大学出版会 2019 ISBN:9784766426250
  • 神経心理検査ベーシック
    中外医学社 2019 ISBN:9784498229129
  • 実践! 認知症の人にやさしい金融ガイド 多職種連携から高齢者への対応を学ぶ
    クリエイツかもがわ 2017 ISBN:4863422202
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • 経カテーテル的大動脈弁植込み術適応の高齢患者における医療同意能力の評価と支援
    (24回日本心不全学会学術集会 2020)
  • 消費者安全確保地域協議会設置自治体に対する調査報告
    (「高齢者の詐欺被害防止に向けた消費者安全確保地域協議会の活用と課題」シンポジウム 2020)
  • Ability of the elderly women with cognitive decline in food preparation and related factors
    (2020)
  • 臨床に役立つ高齢者の神経心理検査と意思決定支援
    (日本未病学会メンタルヘルス部会研修会 2020)
  • 超高齢者の「生きる」を調査する
    (第22回日本老年行動科学会 (シンポジウム:超高齢者の「生きる」を支える 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (慶應義塾大学)
委員歴 (2件):
  • 2019/05 - 現在 慶應義塾大学病院 ACP検討WG委員
  • 2015/12 - 2017/12 日本高次脳機能障害学会 Brain Function Test 委員会 VPTA・既知相貌検査部分改訂小委員会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る