研究者
J-GLOBAL ID:201401076719266929   更新日: 2017年10月19日

伊澤祥光

Yoshimitsu Izawa
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 済生会宇都宮病院  外科・救急科   医長
研究分野 (1件): 外科学一般
研究キーワード (1件): 外傷外科
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2016 - 献体による効果的医療教育システムの普及に関する研究
  • 2016 - 地域における重症外傷患者の救命率改善を目指した新規DCSトレーニングコースの開発
  • 2013 - マウスからヒトへ:大型動物を利用する橋渡し研究
  • 2015 - テラヘルツ計測、代謝物計測を用いた腸管虚血壊死の新たな早期診断方法の確立
論文 (7件):
もっと見る
MISC (12件):
  • Ogura T, Lefor AT, Nakano M, Izawa Y, Morita H. Nonoperative management of hemodynamically unstable abdominal trauma patients with angioembolization and resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta. J Trauma Acute Care Surg. 2015 Jan;78(1):132-5. 2015
  • Ogura T, Nakano M, Izawa Y, Nakamura M, Fujizuka K, Lefor AT. Analysis of risk classification for massive transfusion in severe trauma using the gray zone approach. Am J Emerg Med. 2015 Sep;33(9):1146-51. doi: 10.1016/j.ajem.2015.05.007. Epub 2015 May 15. 2015
  • Sartelli M, Abu-Zidan FM, Catena F, et al. Global validation of the WSES Sepsis Severity Score for patients with complicated intra-abdominal infections: a prospective multicenter study (WISS Study). World J Emerg Surg. 2015 Dec 16;10:61. doi: 10.1186/s13017-015-0055-0. eCollection 2015. 2015
  • Ogura T, Nakamura Y, Nakano M, Izawa Y, Nakamura M, Fujizuka K, Suzukawa M, Lefor AT. Predicting the need for massive transfusion in trauma patients: the Traumatic Bleeding Severity Score. J Trauma Acute Care Surg. 2014 May; 76(5): 1243-50. 2014
  • Sartelli M, Catena F, Ansaloni L, et al. Complicated intra-abdominal infections worldwide: the definitive data of the CIAOW Study. World J Emerg Surg. 2014 May 14; 9:37. eCollection 2014. 2014
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (7件):
  • シンナー シンナー経口摂取に対する血液透析.
    救急医学33(4);465-468, 2009. 2009
  • 緊急血液・尿検査.
    今日の救急治療指針 第2版.医学書院, 873-875, 2011. 2011
  • 骨盤外傷.
    今日の臨床サポート. エルゼビア・ジャパン,2013(ウェブサイト:http://clinicalsup.jp/jpoc/ 2013
  • 横隔膜損傷.
    胸部外傷. 救急医学4月号 へるす出版472-476, 2014年 2014
  • ハイブリッド手術の変遷
    Medical Torch. フォレストプリンコム.2015; Vol.11. No.2. 20-21. 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • Ex-vivo training with circulation pump for trauma surgery.
    (World Society of Emergency Surgery 2010)
  • Thromboelastometry(ROTEM®)による凝固線溶系モニタリングは従来検査よりも迅速で病態把握に役立つ.
    (第41回日本救急医学会総会 2013)
  • Live tissue training for trauma surgery is effective for senior residents.
    (7th Asian Conference on Emergency Medicine 2013)
  • Acute Care Surgeryで最も力を入れるべき領域は出血性ショックを伴う体幹部外傷手術である.
    (第16回日本臨床救急医学会総会 2013)
  • Suicide attempt makes up a large proportion of penetrating trauma cases underwent surgery in neck, chest, or abdomen: three-year experience in a Japanese tertiary emergency center.
    (2nd World Society of Emergency Surgery 2013)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1990 - 1996 自治医科大学
学位 (1件):
  • 医学博士 (自治医科大学)
経歴 (8件):
  • 1996 - 1998 自治医科大学附属病院 ジュニアレジデント(多科ローテーション)
  • 1998 - 2000 大田原赤十字病院 後期研修医
  • 2000 - 2002 栃木県立湯西川診療所 所長
  • 2002 - 2003 大田原赤十字病院 医員
  • 2003 - 2005 自治医科大学附属病院 後期研修医
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2016 - 現在 日本外傷学会 トラウマレジストリー評価委員会
  • 2014 - 現在 日本外傷学会 外傷専門医専門委員会
  • 2009 - 2010 厚労省科学研究 サージカルトレーニングのあり方に関する研究班
  • 2011 - 現在 日本外科学会 CST委員会
受賞 (2件):
  • 2016 - 10th Annual Congress of Korean Society of Acute Care Surgery, 4th Joint Scientific Congress of KSACS and JSACS Travel Grant
  • 2013 - 第49回日本腹部救急医学会 会長賞
所属学会 (5件):
International Association for Trauma Surgery and Intensive Care ,  日本救急医学会 ,  日本Acute Care Surgery 学会 ,  日本外傷学会 ,  日本外科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る