研究者
J-GLOBAL ID:201401093071290618   更新日: 2021年10月27日

松尾 幸憲

マツオ ユキノリ | Matsuo Yukinori
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 放射線科学
研究キーワード (11件): ,  体幹部定位放射線治療 ,  肝臓癌 ,  放射線 ,  肺癌 ,  定位放射線治療 ,  4次元線量分布 ,  放射線治療 ,  高精度放射線照射 ,  トランスレーショナルリサーチ ,  難治癌
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2016 - 2021 肺・肝以外の諸臓器における定位放射線治療の効果と安全性の評価
  • 2015 - 2018 がん放射線療法における慢性炎症およびサルコペニア:暦年齢に代わる予後指標の確立
  • 2013 - 2018 生物画像情報と四次元放射線治療を統合した個別化放射線治療法の開発
  • 2012 - 2016 非小細胞肺癌に対する定位放射線治療後の放射線肺臓炎発症に関与する遺伝子多型の研究
  • 2011 - 2013 肝臓癌に対する体幹部定位放射線治療の実施手法確立に向けた研究
全件表示
論文 (192件):
  • Hiraoka, S., Nakajima, A., Kishi, N., Takehana, K., Hanazawa, H., Matsuo, Y., Mizowaki, T. Efficacy of local salvage therapy for recurrent uterine cervical cancer after definitive radiotherapy. International Journal of Clinical Oncology. 2021
  • Adachi, T., Nakamura, M., Shintani, T., Mitsuyoshi, T., Kakino, R., Ogata, T., Ono, T., Tanabe, H., Kokubo, M., Sakamoto, T., et al. Multi-institutional dose-segmented dosiomic analysis for predicting radiation pneumonitis after lung stereotactic body radiation therapy. Medical Physics. 2021. 48. 4. 1781-1791
  • Ono, Y., Yoshimura, M., Ono, T., Fujimoto, T., Miyabe, Y., Matsuo, Y., Mizowaki, T. Appropriate margin for planning target volume for breast radiotherapy during deep inspiration breath-hold by variance component analysis. Radiation Oncology. 2021. 16. 1. 49-49
  • Shintani, T., Kishi, N., Matsuo, Y., Ogura, M., Mitsuyoshi, T., Araki, N., Fujii, K., Okumura, S., Nakamatsu, K., Kishi, T., et al. Incidence and Risk Factors of Symptomatic Radiation Pneumonitis in Non-Small-Cell Lung Cancer Patients Treated with Concurrent Chemoradiotherapy and Consolidation Durvalumab. Clinical Lung Cancer. 2021
  • Genki Edward Sato, Yukinori Matsuo, Hideo Kanemitsu, Kenji Minatoya, Daisuke Nakajima, Hiroshi Date, Yasuaki Nakagawa, Takashi Mizowaki. Safe Delivery of Postoperative Radiotherapy for Thymic Carcinoma Located on the Outflow Graft of a Left Ventricular Assist Device. JTO Clinical and Research Reports. 2021. 2. 1. 100101-100101
もっと見る
MISC (1件):
特許 (1件):
書籍 (6件):
  • 最新呼吸器内科・外科学
    メディカルレビュー社 2019 ISBN:9784779223150
  • やさしくわかる放射線治療学
    学研メディカル秀潤社,学研プラス (発売) 2018 ISBN:9784780909753
  • がん・放射線療法2017
    学研メディカル秀潤社,学研プラス (発売) 2017 ISBN:9784780909432
  • Stereotactic Body Radiotherapy for the Lung. In: De Salles AAF, Gorgulho A, Agazaryan N, Slotman B, Selch M, Burwick AJ, Schulz R, eds. Shaped Beam Radiosurgery.
    Springer Berlin Heidelberg 2011
  • がん・放射線療法2010
    篠原出版新社 2010 ISBN:9784884123444
もっと見る
講演・口頭発表等 (47件):
  • DBS装着患者に対して定位放射線治療を施行した一例
    (肺癌 2020)
  • 限局期小細胞肺癌における予防的全脳照射の評価
    (肺癌 2020)
  • 早期原発性肺癌を有する高齢者に対するSBRT後の非肺癌死予測モデルの確立と妥当性評価
    (肺癌 2020)
  • Propensity score-weighted analysisを用いたI期NSCLC高齢患者における治療成績の検討
    (肺癌 2020)
  • 肺腺癌術前CTにおけるRadiomics特徴量を用いたSTAS予測モデル
    (日本癌治療学会学術集会抄録集 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2003 - 2007 京都大学 放射線腫瘍学・画像応用治療学
  • 1993 - 1999 京都大学 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (京都大学)
経歴 (2件):
  • 2017/04 - 現在 京都大学 大学院医学研究科 准教授
  • 2014/02 - 2017/03 京都大学 大学院医学研究科 講師
受賞 (5件):
  • 2017/11 - 日本放射線腫瘍学会 優秀教育講演者賞
  • 2016/10 - 日本癌学会 JCA-CHAAO賞 リアルタイムモニタリング動体追尾放射線治療の開発
  • 2015/05 - 公益財団法人 後藤喜代子・ポールブルダリ癌基金協会 第3回後藤喜代子・ポールブルダリ科学賞 特別賞
  • 2013/01 - 平成24年度 新機械振興賞 機械振興協会会長賞 動体追尾放射線治療装置
  • 2011/11 - 日本放射線腫瘍学会 優秀演題賞
所属学会 (5件):
日本頭頸部癌学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本肺癌学会 ,  日本医学放射線学会 ,  日本放射線腫瘍学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る