研究者
J-GLOBAL ID:201401093768607822   更新日: 2018年06月13日

池田 隆博

イケダ タカヒロ | Ikeda Takahiro
研究分野 (1件): 土木計画学、交通工学
研究キーワード (5件): モバイルマッピング ,  3Dレーザースキャナ ,  準天頂衛星システム(QZSS) ,  GLONASS ,  GNSS
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 複数衛星系を用いた高精度測位のための誤差電波検知による衛星選択手法の構築
論文 (20件):
もっと見る
MISC (1件):
  • 池田隆博. 移動時の高精度測位におけるマルチパス判別手法を用いた衛星除去効果に関する研究. 土木学会論文集F3(土木情報学)Vol72.(2016)No.2. 2017. p.I_200-I_208
講演・口頭発表等 (32件):
  • GNSS測位の搬送波位相積算値を用いたマルチパス判別手法の有効性と課題
    (平成29年度秋季学術講演会発表論文集 2017)
  • GPSとQZSSの併用測位における3周波利用の効果に関する研究
    (土木学会第72回年次学術講演会 2017)
  • 運転免許取得の難易度と国別の交通事故の発生状況に関する研究
    (第44回関東支部技術研究発表会 2017)
  • 移動時のGNSS測位における誤差電波の除去効果に関する研究
    (土木情報学シンポジウム講演集Vol.41 2016)
  • BeiDouを併用した高精度移動測位における回折波の除去効果に関する研究
    (土木学会第71回年次学術講演会 2016)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2011 - 2014 日本大学 社会交通工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (日本大学)
経歴 (2件):
  • 2014/04/01 - 日本大学理工学部 交通システム工学科 助手
  • 日本大学 理工学部交通システム工学科 助教
受賞 (6件):
  • 2016/07/26 - 公益社団法人 日本測量協会 応用測量論文奨励賞 複数衛星系における信号強度と搬送波位相変化量を用いたマルチパス検知手法に関する研究
  • 2014/12/12 - 土木学会年次学術講演会優秀講演者表彰 高精度静止測位における準天頂衛星の併用効果に関する研究
  • 2014/11/21 - 日本写真測量学会秋季学術講演会論文賞 複数衛星系による測位信号を用いた誤差電波検知手法に関する研究
  • 2013/09/17 - 土木情報学委員会 土木情報学論文奨励賞 GPSとGLONASSにおける高精度測位の利用衛星選択効果に関する研究
  • 2013/04/30 - 測位航法学会 学生最優秀研究発表賞 移動時の干渉測位におけるGPS とGLONASS の利用衛星選択効果
全件表示
所属学会 (4件):
公益社団法人土木学会 ,  測位航法学会 ,  公益社団法人日本測量協会 ,  一般社団法人日本写真測量学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る