研究者
J-GLOBAL ID:201401094030068583   更新日: 2020年08月28日

寺島 智也

テラシマ トモヤ | Terashima Tomoya
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 神経内科学
研究キーワード (3件): 臨床遺伝学 ,  再生医療 ,  遺伝子治療
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2018 - 2021 標的化遺伝子輸送システムを用いたM2ミクログリア誘導によるALSへの新規治療戦略
  • 2015 - 2017 筋萎縮性側索硬化症における骨髄由来ミクログリアの神経保護作用への誘導
  • 2014 - 2015 神経細胞標的化GAD67発現ヘルパー依存型アデノウイルスベクターによる神経因性疼痛への新規遺伝子治療の開発
  • 2012 - 2014 細胞ZIP-codeによるバーコード化タグを用いた標的細胞への遺伝子輸送システムの開発
  • 2011 - 2013 組織特異的ペプチドを用いた神経疾患への分子治療法および体外イメージングの開発
全件表示
論文 (21件):
  • Terashima T, Ogawa N, Sato T, Katagi M, Nakae Y, Okano J, Maegawa H, Kojima H. Advanced technology for gene delivery with homing peptides to spinal cord through systemic circulation in mice. Mol Ther Methods Clin Dev. 2019. 13. 474-483
  • Akinori Wada, Tomoya Terashima, Susumu Kageyama, Tetsuya Yoshida, Mitsuhiro Narita, Akihiro Kawauchi, Hideto Kojima. Efficient Prostate Cancer Therapy with Tissue-Specific Homing Peptides Identified by Advanced Phage Display Technology. Molecular Therapy - Oncolytics. 2019. 12. 138-146
  • Ogawa N, Terashima T, Oka K, Chan L, Kojima H. Gene therapy for neuropathic pain using dorsal root ganglion-targeted helper-dependent adenoviral vectors with GAD67 expression. Pain reports. 2018. 3. 6. e695
  • Nobuta H, Katagi M, Kume S, Terashima T, Araki SI, Maegawa H, Kojima H, Nakagawa T. A role for bone marrow-derived cells in diabetic nephropathy. FASEB journal : official publication of the Federation of American Societies for Experimental Biology. 2018. fj201801825R
  • Terashima T, Nakae Y, Katagi M, Okano J, Suzuki Y, Kojima H. Stem cell factor induces polarization of microglia to the neuroprotective phenotype in vitro. Heliyon. 2018. 4. 10. e00837
もっと見る
MISC (131件):
  • 和田 晃典, 小島 秀人, 寺島 智也, 影山 進, 成田 充弘, 河内 明宏. In vivo phage display法を用いた前立腺癌特異的組織標的ペプチドによる新規治療法の開発. 日本泌尿器科学会総会. 2019. 107回. PP3-067
  • 渡辺保裕, 本多直人, 中西真実, 足立麻由香, 寺島智也, 花島律子. 細胞シート状態で大脳へ移植した間葉系幹細胞の生着に関与する因子の検討. 日本再生医療学会総会(Web). 2019. 18th. ROMBUNNO.P-01-060 (WEB ONLY)
  • 小島秀人, 樫美和子, 寺島智也, 岡野純子, 中江由希, 鈴木義久. 糖尿病性神経障害は神経細胞に細胞融合を仕掛ける造血幹細胞疾患である. 日本再生医療学会総会(Web). 2019. 18th. ROMBUNNO.P-01-089 (WEB ONLY)
  • 阪井田哲, 寺島智也, 寺島智也, 樫美和子, 樫美和子, 中江由希, 中江由希, 岡野純子, 岡野純子, 岡野純子, 鈴木義久, 鈴木義久, 小島秀人, 小島秀人. 実験的脳損傷モデルマウス作成の試み~脳外科の再生医療を目指して~. 日本再生医療学会総会(Web). 2019. 18th. ROMBUNNO.P-02-064 (WEB ONLY)
  • 寺島智也, 小橋修平, 渡辺保裕, 中西真実, 樫美和子, 中江由希, 岡野純子, 岡野純子, 鈴木義久, 鈴木義久, 小島秀人. 骨髄単核球および神経栄養因子群発現骨髄間葉系幹細胞併用骨髄移植による筋萎縮性側索硬化症への治療戦略. 日本再生医療学会総会(Web). 2019. 18th. ROMBUNNO.O-28-4 (WEB ONLY)
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (3件):
  • 骨髄幹細胞の異常プログラミングと神経障害
    メディカルジャーナル社 2016
  • 糖尿病性神経障害の細胞生物学:異常骨髄細胞の関わり
    メディカルジャーナル社 2014
  • 糖尿病学2007 細胞融合仮説:糖尿病合併症を導く不条理な遺伝子発現プログラム
    診断と治療社 2007
講演・口頭発表等 (11件):
  • Combined bone marrow transplantation therapy of MNCs and growth factor expressing-MSCs for amyotrophic lateral sclerosis.
    (The 30th Annual Meeting of the International Symposium on ALS/MND. 2019)
  • Gene therapy for neuropathic pain through siRNA-IRF5 gene delivery with homing peptides to microglia.
    (The 21st Annual Meeting of the American Society of Gene & Cell Therapy. Chicago, USA 2018)
  • 糖尿病合併症の臓器連関:骨髄幹細胞の異常プログラミングと神経障害
    (日本糖尿病合併症学会総会 2016)
  • Gene therapy for ALS/MND with migration of bone marrow-derived cells.
    (Annual Meeting of the International Symposium on ALS/MND. 2016)
  • New molecular therapy for amyotrophic lateral sclerosis with spinal cord targeting peptides.
    (Annual Meeting of the International Symposium on ALS/MND. 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1998 - 2002 滋賀医科大学 大学院 医学研究科
  • 1990 - 1996 滋賀医科大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (滋賀医科大学)
経歴 (4件):
  • 2014/07 - 滋賀医科大学医学部 生化学・分子生物学講座 再生・修復医学部門 准教授
  • 2009 - 2014 滋賀医科大学医学部 神経内科 助教
  • 2005 - 2008 Baylor College of Medicine, Department of Medicine, postdoctoral associate
  • 2003 - 2005 滋賀医科大学医学部 神経内科 医員
受賞 (3件):
  • 2011 - 遺伝子治療学会優秀ポスター賞
  • 2005 - 上原記念生命科学財団海外留学助成ポストドクトラルフェローシップ
  • 2001 - Peripheral nerve society meeting 2001 (travel award)
所属学会 (7件):
日本人類遺伝学会 ,  日本再生医療学会 ,  日本遺伝子細胞治療学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本神経学会 ,  日本内科学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る