研究者
J-GLOBAL ID:201401098933500231   更新日: 2020年09月20日

常木 英昭

ツネキヒデアキ | Tsuneki Hideaki
所属機関・部署:
職名: 代表
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (2件): https://www.waseda.jp/fsci/wise/http://www.f.waseda.jp/ysekine/
研究分野 (2件): 触媒プロセス、資源化学プロセス ,  反応工学、プロセスシステム工学
研究キーワード (8件): 水素製造 ,  アンモニア合成 ,  気相酸化反応 ,  ゼオライト ,  気相脱水反応 ,  酸塩基触媒 ,  触媒化学 ,  反応工学
論文 (40件):
  • Kota Murakami, Yuta Tanaka, Ryuya Sakai, Kenta Toko, Kazuharu Ito, Atsushi Ishikawa, Takuma Higo, Tomohiro Yabe, Shuhei Ogo, Masatoshi Ikeda, et al. The important role of N2H formation energy for low-temperature ammonia synthesis in an electric field. Catalysis Today. 2020. 351. 119-124
  • Kenta Toko, Kazuharu Ito, Hikaru Saito, Yukiko Hosono, Kota Murakami, Satoshi Misaki, Takuma Higo, Shuhei Ogo, Hideaki Tsuneki, Shun Maeda, et al. Catalytic Dehydrogenation of Ethane over Doped Perovskite via the Mars-van Krevelen Mechanism. Journal of Physical Chemistry C. 2020. 124. 19. 10462-10469
  • Ayako Takahashi, Reona Inagaki, Maki Torimoto, Yudai Hisai, Taku Matsuda, Quanbao Ma, Jeong Gil Seo, Takuma Higo, Hideaki Tsuneki, Shuhei Ogo, et al. Effects of metal cation doping in CeO2 support on catalytic methane steam reforming at low temperature in an electric field. RSC Advances. 2020. 10. 25. 14487-14492
  • Ryuya Sakai, Kota Murakami, Yuta Mizutani, Yuta Tanaka, Sasuga Hayashi, Atsushi Ishikawa, Takuma Higo, Shuhei Ogo, Hideaki Tsuneki, Hiromi Nakai, et al. Agglomeration Suppression of a Fe-Supported Catalyst and its Utilization for Low-Temperature Ammonia Synthesis in an Electric Field. ACS Omega. 2020. 5. 12. 6846-6851
  • Kota Murakami, Yuta Tanaka, Ryuya Sakai, Yudai Hisai, Sasuga Hayashi, Yuta Mizutani, Takuma Higo, Shuhei Ogo, Jeong Gil Seo, Hideaki Tsuneki, et al. Key factor for the anti-Arrhenius low-temperature heterogeneous catalysis induced by H+ migration: H+ coverage over support. Chemical Communications. 2020. 56. 23. 3365-3368
もっと見る
MISC (1件):
  • 常木英昭. ゼオライトを活用した触媒プロセス開発に携わって. ゼオライト. 2014. 31. 4. 143-146
特許 (127件):
書籍 (4件):
  • 石油化学プロセス
    講談社 2018 ISBN:9784065130087
  • 触媒劣化-原因、対策と長寿命触媒開発-
    シーエムシー出版 2018
  • 反応工学解析
    朝倉書店 2012
  • ゼオライト触媒の開発技術
    シーエムシー出版 2004
講演・口頭発表等 (29件):
  • 長鎖オレフィンへのグリコール付加触媒の劣化の解析と反応・再生プロセス設計
    (第126回触媒討論会 2020)
  • 電場アンモニア合成活性の特異な温度依存性
    (石油学会年会講演要旨 2019)
  • 電場を用いたアンモニア合成における卑金属触媒の探索
    (触媒討論会講演予稿集(CD-ROM) 2019)
  • 表面プロトン伝導を用いたアンモニア合成
    (固体イオニクス討論会講演要旨集 2018)
  • 低温域における表面プロトン伝導の発現とアンモニア合成反応の促進
    (触媒討論会討論会A予稿集 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (7件):
  • 2018/12 - 現在 早稲田大学 理工学術院総合研究所 客員上級研究員(研究院客員教授)
  • 2017/04 - 2018/11 株式会社日本触媒 事業創出本部 技監
  • 2016/10 - 2018/11 早稲田大学 理工学研究所 招聘研究員
  • 2017/04 - 2018/09 同志社大学 理工学部 嘱託講師
  • 2008/04 - 2017/03 株式会社日本触媒 研究本部 技監
全件表示
委員歴 (11件):
  • 2019/04 - 現在 科学技術振興機構 ALCA分科会委員
  • 2015/08 - 現在 科学技術振興機構 さきがけ領域アドバイザー
  • 2013/10 - 現在 化学工学会関西支部 実践化学工学講座講師
  • 2016/05 - 2018/05 触媒学会 監事
  • 2014/09 - 2016/03 NEDO 技術委員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2012/06 - 触媒工業協会 技術賞
  • 2011/04 - 文部科学省 文部科学大臣表彰科学技術賞
  • 2009/05 - 大河内記念会 大河内記念技術賞
  • 2006/03 - 触媒学会 学会賞(技術部門)
  • 2006/03 - 化学工学会 技術賞
全件表示
所属学会 (4件):
ゼオライト学会 ,  化学工学会 ,  日本化学会 ,  触媒学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る