{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201402210135780223   整理番号:13A1953057

鳥類によるヒマワリ食害

著者 (5件):
資料名:
巻: 61  号:ページ: 124-129  発行年: 2012年04月20日
JST資料番号: L4092A  ISSN: 0913-400X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
バイオマスエネルギーを得るための油糧作物として注目されているヒマワリの鳥による食害の実態を明らかにするために,ヒマワリを食害する鳥種やその個体数,時期をつくば市中央農業総合センターのヒマワリ圃場4箇所,計100aにおいて調査した。キジバト,カワラヒワ,スズメが27回の調査で延べ夫々70,5,277,317h羽が飛来し,調査日あたりの出現頻度は夫々44.4,100,37.0%で,カワラヒワが個体数,出現頻度共に最も多かった。ヒマワリの食害時期は花弁が未だ残っている時期から収穫時迄続き,2つの圃場での食害されたヒマワリの割合は夫々30.8と72.1%であった。鳥害はヒマワリの収量に大きく影響することが示された。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
有害動物による植物被害一般 
引用文献 (16件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る