研究者
J-GLOBAL ID:201501001854152540   更新日: 2021年10月26日

伊藤 元雄

イトウ モトオ | Ito Motoo
所属機関・部署:
職名: グループリーダー代理
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/40606109.ja.html
研究分野 (1件): 宇宙惑星科学
研究キーワード (6件): 惑星探査 ,  拡散 ,  太陽系 ,  同位体 ,  二次イオン質量分析法 ,  隕石
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2020 - 2023 マントル物質のレーザその場溶岩生成に基づくセラミックス溶接の可能性探索
  • 2019 - 2022 生命の生存限界を探る:海底下高温高圧環境での活動的生命圏の限界と生き残り戦略
  • 2018 - 2020 最先端の惑星物質分析システムが紐解く新しい太陽系史
  • 2018 - 2020 新しい小惑星試料の分析研究基盤の確立
  • 2015 - 2018 欠陥場におけるマントル鉱物中の原子拡散プロセスの解明
全件表示
論文 (77件):
  • A feasible study of in-situ measurements of light isotopes and organic molecules with high resolution mass spectrometer MULTUM on the OKEANOS mission. 2021. 19. 4. 477-484
  • Imene Kerraouch, Addi Bischoff, Michael E. Zolensky, Andreas Pack, Markus Patzek, Romy D. Hanna, Marc D. Fries, Dennis Harries, Yoko Kebukawa, Loan Le, et al. The polymict carbonaceous breccia Aguas Zarcas: A potential analog to samples being returned by the OSIRIS-REx and Hayabusa2 missions. Meteoritics and Planetary Science. 2021. 56. 2. 277-310
  • Motoo Ito, Yoshinori Takano, Yoko Kebukawa, Takuji Ohigashi, Moe Matsuoka, Kento Kiryu, Masayuki Uesugi, Tomoki Nakamura, Hayato Yuzawa, Keita Yamada, et al. Assessing the debris generated by the small carry-on impactor operated from the Hayabusa2 mission. GEOCHEMICAL JOURNAL. 2021. 55. 4. 223-239
  • Yoko Kebukawa, Michael E. Zolensky, Cyrena A. Goodrich, Motoo Ito, Nanako O. Ogawa, Yoshinori Takano, Naohiko Ohkouchi, Kento Kiryu, Motoko Igisu, Takazo Shibuya, et al. Organic matter in carbonaceous chondrite lithologies of Almahata Sitta: Incorporation of previously unsampled carbonaceous chondrite lithologies into ureilitic regolith. Meteoritics and Planetary Science. 2021. 56. 7. 1311-1327
  • Hiroki Mukai, Yoshiaki Kon, Kenzo Sanematsu, Yoshio Takahashi, Motoo Ito. Microscopic analyses of weathered granite in ion-adsorption rare earth deposit of Jianxi Province, China. Scientific Reports. 2020. 10. 1. 20194-20194
もっと見る
MISC (111件):
  • 安部正真, 橘省吾, 小林桂, 伊藤元雄, 渡邊誠一郎. 火の鳥「はやぶさ」未来編 その20~小惑星リュウグウからのリターンサンプル分析の全体像~. 日本惑星科学会誌 遊・星・人. 2020. 29. 1
  • 平井隆之, 小林正規, 荒井朋子, 木村宏, SRAMA Ralf, KRUEGER Harald, 薮田ひかる, 伊藤元雄, TRIELOFF Mario, 佐々木晶, et al. DESTINY+搭載用ダストアナライザの開発と地上較正検討. 日本地球惑星科学連合大会予稿集(Web). 2020. 2020
  • 坂東賢哉, 植木智之, 富田卓朗, 久澤大夢, 岡田達也, 小林幸雄, 伊藤元雄. フェムト秒レーザ照射したダイヤモンド表面へのホウ素イオン注入. 応用物理・物理系学会中国四国支部合同学術講演会講演予稿集. 2020. 2020 (Web)
  • 荒井朋子, 小林正規, 石橋高, 吉田二美, 吉田二美, 木村宏, 平井隆之, 洪鵬, 山田学, 千秋博紀, et al. DESTINY+計画の進捗とサイエンス. 日本惑星科学会秋季講演会予稿集(Web). 2020. 2020
  • 平井隆之, 小林正規, 荒井朋子, 木村宏, 薮田ひかる, 天野翠, 小林幸雄, 伊藤元雄, 佐々木晶, 矢野創, et al. DESTINY+搭載用ダストアナライザの開発と地上較正計画 2020. 日本惑星科学会秋季講演会予稿集(Web). 2020. 2020
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (学習院大学)
経歴 (4件):
  • 2011 - 現在 国立研究開発法人海洋研究開発機構 高知コア研究所 グループリーダー代理
  • 2006 - 2011 NASA Johnson Space Center Astromaterials Research & Exploration Science
  • 2005 - 2006 東京大学 アイソトープ総合センター
  • 2001 - 2004 The University of Arizona Dept. of Geosciences
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る