研究者
J-GLOBAL ID:201501008638025490   更新日: 2024年06月10日

小瀧 将裕

コタキ トモヒロ | Kotaki Tomohiro
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): ウイルス学
研究キーワード (2件): ワクチン ,  ウイルス学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2024 - 2026 ウイルス感染応答におけるNEAT1 lncRNAの作動メカニズムの解明
  • 2022 - 2025 Viroplasmに着目したロタウイルス複製機構の解析
  • 2022 - 2023 液-液相分離に着目したロタウイルスのviroplasm形成機構の解析
  • 2020 - 2022 外来遺伝子を安定発現する増殖型フラビウイルスベクターの開発
  • 2020 - 2021 新型コロナウイルスに対する創薬スクリーニング系の構築
全件表示
論文 (63件):
  • Tomohiro Kotaki, Yuta Kanai, Megumi Onishi, Shohei Minami, Zelin Chen, Ryotaro Nouda, Jeffery A Nurdin, Moeko Yamasaki, Takeshi Kobayashi. Generation of single-round infectious rotavirus with a mutation in the intermediate capsid protein VP6. Journal of virology. 2024. e0076224
  • Siti Qamariyah Khairunisa, Dwi Wahyu Indriati, Ni Luh Ayu Megasari, Shuhei Ueda, Tomohiro Kotaki, Muhamad Fahmi, Masahiro Ito, Brian Eka Rachman, Afif Nurul Hidayati, Nasronudin, et al. Spatial-temporal transmission dynamics of HIV-1 CRF01_AE in Indonesia. Scientific reports. 2024. 14. 1. 9917-9917
  • Shohei Minami, Tomohiro Kotaki, Yusuke Sakai, Shinya Okamura, Shiho Torii, Chikako Ono, Daisuke Motooka, Rina Hamajima, Ryotaro Nouda, Jeffery A Nurdin, et al. Vero cell-adapted SARS-CoV-2 strain shows increased viral growth through furin-mediated efficient spike cleavage. Microbiology spectrum. 2024. 12. 4. e0285923
  • Sheikh Ariful Hoque, Hiroyuki Saito, Wakako Akino, Tomohiro Kotaki, Shoko Okitsu, Yuko Onda, Takeshi Kobayashi, Tania Hossian, Pattara Khamrin, Kazushi Motomura, et al. The Emergence and Widespread Circulation of Enteric Viruses Throughout the COVID-19 Pandemic: A Wastewater-Based Evidence. Food and environmental virology. 2023. 15. 4. 342-354
  • Yuta Kanai, Misa Onishi, Yukino Yoshida, Tomohiro Kotaki, Shohei Minami, Ryotaro Nouda, Moeko Yamasaki, Yasutaka Enoki, Takeshi Kobayashi. Genetic engineering strategy for generating a stable dsRNA virus vector using a virus-like codon-modified transgene. Journal of virology. 2023. 97. 10. e0049223
もっと見る
MISC (3件):
講演・口頭発表等 (49件):
  • VP6欠損による一回感染性ロタウイルスの作製
    (第70回日本ウイルス学会学術集会 2023)
  • Generation of a single-round infectious rotavirus
    (CAMaD 令和5年度若手研究者研究業績発表会 2023)
  • 液-液相分離に着目したロタウイルス複製機構の解析
    (第1回 RNA-FS部門 シンポジウム 2023)
  • Vero細胞馴化新型コロナウイルスの性状解析
    (第69回日本ウイルス学会学術集会 2022)
  • RNAベースの実用的なSARS-CoV-2 レプリコンシステムの構築
    (第69回日本ウイルス学会学術集会 2022)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2016 神戸大学 大学院医学研究科博士課程医科学専攻修了
学位 (1件):
  • 博士(医学) (神戸大学)
経歴 (4件):
  • 2021 - 現在 大阪大学 微生物病研究所 助教
  • 2015 - 2021 神戸大学大学院 保健学研究科 助教
  • 2019 - 2020 テキサス大学医学部ガルベストン校 客員研究員
  • 2012 - 2015 神戸大学インドネシア拠点 常駐研究員
所属学会 (3件):
日本臨床衛生検査技師会 ,  日本ワクチン学会 ,  日本ウイルス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る