研究者
J-GLOBAL ID:201501016816678501   更新日: 2020年08月31日

大岡 優

オオオカ ユウ | Ooka Yu
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/00612475.ja.html
研究分野 (1件): 建築構造、材料
研究キーワード (7件): 劣化 ,  電磁波 ,  耐震性能 ,  数値解析 ,  伝統木造 ,  古材 ,  仕口
論文 (14件):
もっと見る
MISC (25件):
  • 小川 敬多, 佐々木 康寿, 山崎 真理子, 棚橋 秀光, 大岡 優, 鈴木 祥之. 22232 篏合の甘さがほぞ接合部の力学挙動に及ぼす影響(継手・仕口(2),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会). 学術講演梗概集. 2014. 2014. 0. 463-464
  • 大岡 優, 棚橋 秀光, 向坊 恭介, 鈴木 祥之. 22234 飛騨高山の伝統構法木造建築物の耐震性能評価 (その1 古材・新材の材料特性)(継手・仕口(2),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会). 学術講演梗概集. 2014. 2014. 0. 467-468
  • 棚橋 秀光, 大岡 優, 向坊 恭介, 鈴木 祥之. 22235 飛騨高山の伝統構法木造建築物の耐震性能評価 (その2 古材・新材仕口の復元力特性)(継手・仕口(2),構造III,2014年度日本建築学会大会(近畿)学術講演会・建築デザイン発表会). 学術講演梗概集. 2014. 2014. 0. 469-470
  • 佐々木 康寿, 小川 敬多, 山崎 真理子, 棚橋 秀光, 大岡 優, 鈴木 祥之. 22221 古建築仕口接合部の復元力特性 : その1 加力試験(伝統構法部位・構造要素(3),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会). 学術講演梗概集. 2013. 2013. 0. 441-442
  • 小川 敬多, 佐々木 康寿, 山崎 真理子, 棚橋 秀光, 大岡 優, 鈴木 祥之. 22222 古建築仕口接合部の復元力特性 : その2 理論的推定(伝統構法部位・構造要素(3),構造III,2013年度日本建築学会大会(北海道)学術講演会・建築デザイン発表会). 学術講演梗概集. 2013. 2013. 0. 443-444
もっと見る
講演・口頭発表等 (25件):
  • 伝統木造仕口の繰り返しめり込みの復元力特性
    (2016年度日本建築学会大会 2016)
  • 古民家で用いられたツガ古材の材料試験
    (2015年度日本建築学会大会 2015)
  • 古民家で用いられたスギ・ツガ古材の材料試験
    (歴史都市防災シンポジウム’15 2015)
  • 伝統的構法の楔の復元力特性に及ぼす効果
    (第14回日本地震工学シンポジウム 2014)
  • 嵌合の甘さがほぞ接合部の力学挙動に及ぼす影響
    (2014年度日本建築学会大会 2014)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (立命館大学)
経歴 (1件):
  • 2014 - 立命館大学 研究員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る