研究者
J-GLOBAL ID:201501023750260840   更新日: 2021年10月20日

山吉 麻子

ヤマヨシ アサコ | Yamayoshi Asako
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/function/index-j.htmlhttp://www.hakubi.kyoto-u.ac.jp/eng/02_mem/06yamayoshi.shtml
研究分野 (3件): その他 ,  生体医工学 ,  生物分子化学
研究キーワード (6件): 5メチルシトシン ,  エクソソーム ,  抗体結合型核酸 ,  microRNA ,  核酸医薬 ,  核酸化学
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2020 - 2025 非天然核酸が誘導する免疫惹起機構と「弱い相互作用」の解明
  • 2020 - 2025 マテリアル・シンバイオシスのための生命物理化学
  • 2021 - 2022 DNA のエピジェネティク修飾を標的とした新規遺伝子制御分子の開発
  • 2020 - 2021 プロウィルスゲノムを標的とした光ゲノム編集技術開発
  • 2020 - 2021 DNAのエピジェネティク修飾を標的とした新規遺伝子制御分子の開発
全件表示
論文 (68件):
  • Shota Oyama, Tsuyoshi Yamamoto, Asako Yamayoshi. Recent Advances in the Delivery Carriers and Chemical Conjugation Strategies for Nucleic Acid Drugs. Cancers. 2021. 13. 15. 3881-3881
  • Takayuki Shibata, Ryosuke Shimamura, Yuji Yamamoto, Hiroki Sakurai, Junya Fujita, Asako Yamayoshi, Toshimitsu Nemoto, Tsutomu Kabashima. A Facile Method for the Quantification of Urinary Uracil Concentration by a Uracil-Specific Fluorescence Derivatization Reaction. Chemical and Pharmaceutical Bulletin. 2021. 69. 8. 768-772
  • Asako Yamayoshi, Hiroyuki Fukumoto, Rie Hayashi, Kyosuke Kishimoto, Akio Kobori, Yoshio Koyanagi, Jun A. Komano, Akira Murakami. Development of 7SK snRNA mimics that inhibit HIV transcription. ChemMedChem. 2021
  • Tsuyoshi Yamamoto, Yahiro Mukai, Fumito Wada, Chisato Terada, Yukina Kayaba, Kaho Oh, Asako Yamayoshi, Satoshi Obika, Mariko Harada-Shiba. Highly Potent GalNAc-Conjugated Tiny LNA Anti-miRNA-122 Antisense Oligonucleotides. Pharmaceutics. 2021. 13. 6. 817-817
  • Shintaro Fumoto, Tsuyoshi Yamamoto, Kazuya Okami, Yuina Maemura, Chisato Terada, Asako Yamayoshi, Koyo Nishida. Understanding In Vivo Fate of Nucleic Acid and Gene Medicines for the Rational Design of Drugs. Pharmaceutics. 2021. 13. 2
もっと見る
MISC (64件):
  • 大山将大, 山吉麻子. エクソソーム表面抗原に着目した新たな創薬モダリティの探索. Drug delivery system : DDS : official journal of the Japan Society of Drug Delivery System. 2021. 36. 2. 108-116
  • 山吉麻子. エクソソーム随伴導入型薬物送達システムの開発. YAKUGAKUZASSHI. 2020. 140. 625-631
  • 山吉 麻子. 新しい創薬モダリティ:核酸医薬. 人工臓器. 2019. 48. 3. 195-198
  • 山吉 麻子. 仕事と私事 〜お母さんとお父さんの狭間で〜. 高分子学会誌,. 2019. 11. 612
  • 山吉 麻子. 長崎の中心で核酸化学を叫ぶ. 日本核酸化学会誌. 2018
もっと見る
特許 (10件):
書籍 (12件):
  • 核酸科学ハンドブック
    講談社 2020 ISBN:9784065207864
  • 医薬品開発における中分子領域(核酸医薬・ペプチド医薬品)での開発戦略
    情報機構 2019
  • 中分子医薬開発に資するペプチド・核酸・糖鎖の合成・高機能化技術
    ジーエムシー出版 2018 ISBN:9784781313207
  • 先端治療技術の実用化と開発戦略
    情報科学協会 2017
  • Current Protocols in Nucleic Acid Chemistry
    Wiley Interscience 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (33件):
  • 長崎の中心から物質共生を叫ぶ
    (第8回バイオ関連化学シンポジウム若手フォーラム 2021)
  • エクソソーム随伴導入型薬物送達システムから「物質共生」を考える
    (日本薬剤学会第36年会 ラウンドテーブル「シンバイオティック・マテリアルの実現と新しい創薬モダリティを考える」 2021)
  • エクソソーム表面抗原を利用した新しい創薬モダリティ
    (高分子学会九州支部女性研究者創発フォーラム 2021)
  • エクソソーム随伴導入型薬物送達システムから「物質共生」を考える
    (静岡県立大学第288回 月例薬学セミナー)
  • 子育て研究者の長崎大学3年目の日々
    (リケジョ憧れセミナー 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2000 - 2003 京都工芸繊維大学 機能科学専攻
  • 1998 - 2000 京都工芸繊維大学 高分子学専攻
  • 1994 - 1998 京都工芸繊維大学 高分子学科
  • 1990 - 1993 大阪府立豊中高等学校
学位 (1件):
  • 博士(学術) (京都工芸繊維大学)
経歴 (8件):
  • 2021/04 - 現在 (兼任)大阪大学 工学部 特任教授
  • 2018/03 - 現在 長崎大学 大学院医歯薬学総合研究科(薬学系) 教授
  • 2017/10 - 2021/03 (兼任)JST さきがけ さきがけ研究者
  • 2015/04 - 2018/02 京都大学 白眉センター 特定准教授
  • 2007/05 - 2015/03 京都工芸繊維大学 生体分子工学部門 助教
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2021/07 - 現在 日本ケミカルバイオロジー学会 世話人
  • 2021/04 - 現在 日本薬学会 九州山口支部 幹事
  • 2020/09 - 現在 日本核酸化学会 役員 運営委員
  • 2020/04 - 現在 日本薬剤学会 超分子FG 広報担当幹事
  • 2020/04 - 現在 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター 専門調査員
全件表示
所属学会 (10件):
日本がん分子標的治療学会 ,  日本生化学会会 ,  日本分子生物学会 ,  日本DDS学会 ,  日本核酸化学会 ,  日本核酸医薬学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会 ,  日本薬剤学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る