研究者
J-GLOBAL ID:201501062650380003   更新日: 2022年04月12日

吉田 ゆか子

Yoshida Yukako
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/00700931.ja.html
研究分野 (1件): 文化人類学、民俗学
研究キーワード (3件): インドネシア ,  芸能 ,  文化人類学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2025 ものの人類学的研究-技芸複合の視点から
  • 2021 - 2024 「コロナ状況」下で育まれる芸能-危機への応答・身体性をめぐる交渉・社会との関係
  • 2017 - 2022 顔と身体表現の文化フィールドワーク研究
  • 2017 - 2021 人類学的フィールドワークを通じた情動研究の新展開:危機を中心に
  • 2017 - 2021 ジャカルタにおけるバリ芸能の民族誌-宗教間・民族間の交渉と相互理解を焦点に
全件表示
論文 (8件):
  • 吉田ゆか子. 楽器との出会いとしての音楽の越境 : 日本のバリ・ガムラン演奏グループを事例に. 国立民族学博物館研究報告. 2021. 46. 2. 311-348
  • 吉田ゆか子. 序文 : <特集 : 「上演を紡ぐ人とモノ : マテリアリティの人類学と上演芸術の研究の交差点」>. 国立民族学博物館研究報告. 2021. 46. 2. 223-251
  • 吉田ゆか子. レプリカの天女様のゆくえ-バリ島天女の舞トペン・レゴンにおける仮面の複製. 国立民族学博物館報告. 2016. 41. 1. 1-36
  • 吉田ゆか子. バリ島仮面舞踊劇トペンの人類学的研究-名人芸からネクサスへ. 筑波大学大学院. 2012
  • 吉田ゆか子. 仮の面と仮の胴-バリ島仮面舞踊劇にみる人とモノのアッサンブラージュ. 文化人類学. 2011. 76. 1. 11-32
もっと見る
MISC (20件):
  • 吉田ゆか子. ルジャン・レンテン--バリ島でいま一番アツい奉納舞踊. Field Plus. 2020. 23. 14-15
  • 佐久間寛, 吉田ゆか子. Disability and Affect: Proceedings of Two International Symposiums about Art. Disability and Affect: Proceedings of Two International Symposiums about Art. 2019
  • 床呂郁哉, 吉田ゆか子, 吉田優貴. 国際ワークショップ「トランスカルチャー状況下における顔・身体. 2019
  • 吉田ゆか子. Who are the Communities Involved in Intangible Cultural Heritage?: A Consideration of the “Beautiful Indonesia Miniature Park” Proposal as Best Practice. Proceedings of the 5th Symposium: The ICTM study group on performing arts of Southeast Asia. 2019. 210-212
  • 吉田ゆか子. 中谷和人氏の書評へのリプライ. コンタクトゾーン. 2018. 10. 415-417
もっと見る
書籍 (12件):
  • Proceedings of the International Symposium “Performing the Self and Playing with the Otherness: Clothing and Costuming under Transcultural Conditions”
    2022 ISBN:9784863373662
  • わざの人類学
    京都大学出版会 2021 ISBN:9784814003754
  • モノとメディアの人類学
    ナカニシヤ出版 2021 ISBN:9784779515484
  • 東南アジア文化事典
    丸善出版 2019
  • An Anthropology of Things
    Kyoto & Melbourne 2018 ISBN:4814001592
もっと見る
講演・口頭発表等 (37件):
  • バリ芸能にみる『一つになる身体』と『共にある身体』
    (新学術領域「顔・身体学」主催 「シンクロする身体 ーポストコロナ社会における身体の未来像ー」 2021)
  • COVID-19と芸能-感染拡大初期のインドネシア・バリ島の事例から
    (第16回四大学連合文化講演会 2021)
  • Movementscape of A Hindu Temple in Jakarta
    (The 6th Symposium of the International Council for Traditional Music, Study Group on Performing Arts of Southeast Asia 2021)
  • Inter-religious understanding and adjustment through dance: A study of Muslim learners and Hindu instructors of Balinese dance in Jakarta.
    (Asia Pacific Dance Festival Conference, University of Hawaii Manoa 2019)
  • Staging a ritual dance in a competition: Roles and impacts of rejang renteng contests in Bali and beyond.
    (The 45th World Conference of the International Council for Traditional Music 2019)
もっと見る
Works (1件):
  • ビデオテーク6057 息づく仮面-バリ島の仮面舞踊劇トペンと音楽
    吉田ゆか子, 福岡正太 2017 -
学歴 (1件):
  • 2005 - 2012 筑波大学大学院 現代文化・公共政策
学位 (1件):
  • 博士(学術) (筑波大学大学院)
経歴 (14件):
  • 2021/04 - 現在 国際基督教大学 非常勤講師
  • 2020/04 - 現在 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 准教授
  • 2019/09 - 現在 立教大学 兼任講師
  • 2016/04 - 2020/03 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 助教
  • 2017/09 - 2019/02 東京工業大学 非常勤講師
全件表示
受賞 (3件):
  • 2013 - 文化人類学会 第8回日本文化人類学会奨励賞 仮の面と仮の胴-バリ島仮面舞踊劇にみる人とモノのアッサンブラージュ
  • 2011 - 国立民族学博物館 みんぱく若手セミナー賞 レプリカの仮面のゆくえ-バリ島天女の舞の事例から
  • 2009 - 東方学会 東方学会賞 バリ島仮面舞踊劇トペン・ワリと『観客』-シアターと儀礼の狭間で
所属学会 (4件):
障害学会 ,  国際伝統音楽評議会 ,  「宗教と社会」学会 ,  日本文化人類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る