研究者
J-GLOBAL ID:201501062650380003   更新日: 2020年09月21日

吉田 ゆか子

Yoshida Yukako
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://kaken.nii.ac.jp/d/r/00700931.ja.html
研究分野 (1件): 文化人類学、民俗学
研究キーワード (3件): インドネシア ,  芸能 ,  文化人類学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2017 - 2022 顔と身体表現の文化フィールドワーク研究
  • 2017 - 2021 人類学的フィールドワークを通じた情動研究の新展開:危機を中心に
  • 2017 - 2021 ジャカルタにおけるバリ芸能の民族誌-宗教間・民族間の交渉と相互理解を焦点に
  • 2014 - 2017 「演じる人・モノ・身体-芸能研究とマテリアリティの人類学の交差点」
  • 2015 - 2016 バリ島の「障害」のある役者たちの演劇実践-遊戯性・あいだ性・日常との連続性
全件表示
論文 (6件):
  • 吉田ゆか子. レプリカの天女様のゆくえ-バリ島天女の舞トペン・レゴンにおける仮面の複製. 国立民族学博物館報告. 2016. 41. 1. 1-36
  • 吉田ゆか子. バリ島仮面舞踊劇トペンの人類学的研究-名人芸からネクサスへ. 筑波大学大学院. 2012
  • 吉田ゆか子. 仮の面と仮の胴-バリ島仮面舞踊劇にみる人とモノのアッサンブラージュ. 文化人類学. 2011. 76. 1. 11-32
  • 吉田ゆか子. バリ島仮面舞踊劇トペンの形式変化に関する一考察-儀礼と余興の間の連続と不連続. 論叢 現代語・現代文化. 2009. 2
  • 吉田ゆか子. バリ島仮面舞踊劇トペン・ワリと『観客』-シアターと儀礼の狭間で. 東方学. 2009. 117. 156-139
もっと見る
MISC (20件):
  • 吉田ゆか子. ルジャン・レンテン--バリ島でいま一番アツい奉納舞踊. Field Plus. 2020. 23. 14-15
  • 佐久間寛, 吉田ゆか子. Disability and Affect: Proceedings of Two International Symposiums about Art. Disability and Affect: Proceedings of Two International Symposiums about Art. 2019
  • 床呂郁哉, 吉田ゆか子, 吉田優貴. 国際ワークショップ「トランスカルチャー状況下における顔・身体. 2019
  • 吉田ゆか子. Who are the Communities Involved in Intangible Cultural Heritage?: A Consideration of the “Beautiful Indonesia Miniature Park” Proposal as Best Practice. Proceedings of the 5th Symposium: The ICTM study group on performing arts of Southeast Asia. 2019. 210-212
  • 吉田ゆか子. 中谷和人氏の書評へのリプライ. コンタクトゾーン. 2018. 10. 415-417
もっと見る
書籍 (9件):
  • 東南アジア文化事典
    丸善出版 2019
  • An Anthropology of Things
    Kyoto & Melbourne 2018 ISBN:4814001592
  • はじめて学ぶ文化人類学-人物・古典・名著からの誘い
    ミネルヴァ書房 2018 ISBN:9784623082742
  • Islam and Cultural Diversity in Southeast Asia(Vol.2): Perspectives from Indonesia, Malaysia, the Philippines, Thailand, and Cambodia.
    Research Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa(ILCAA), Tokyo University of Foreign Studies(TUFS) 2018 ISBN:9784863372597
  • 文明史のなかの文化遺産
    臨川書店 2017 ISBN:9784653043621
もっと見る
講演・口頭発表等 (34件):
  • Inter-religious understanding and adjustment through dance: A study of Muslim learners and Hindu instructors of Balinese dance in Jakarta.
    (Asia Pacific Dance Festival Conference, University of Hawaii Manoa 2019)
  • Staging a ritual dance in a competition: Roles and impacts of rejang renteng contests in Bali and beyond.
    (The 45th World Conference of the International Council for Traditional Music 2019)
  • Disabled Bodies and Humor: Two cases of Balinese comedy theater
    (UMS-TUFS Exchange Lecture on Culture and Society of Southeast Asia 2019)
  • Mediation and Transformation in Balinese masked theater.
    (公開シンポジウム「トランスカルチャーとは何か?:心理学と哲学の協働」 2019)
  • あの世とつながるメディアとしての芸能の身体-インドネシア・バリ島の事例から
    (「メディアと社会のエスノグラフィ」2018年度第1回シンポジウム 2018)
もっと見る
Works (1件):
  • ビデオテーク6057 息づく仮面-バリ島の仮面舞踊劇トペンと音楽
    吉田ゆか子, 福岡正太 2017 -
学歴 (1件):
  • 2005 - 2012 筑波大学大学院 現代文化・公共政策
学位 (1件):
  • 博士(学術) (筑波大学大学院)
経歴 (13件):
  • 2020/04 - 現在 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 准教授
  • 2019/09 - 現在 立教大学 兼任講師
  • 2016/04 - 2020/03 東京外国語大学 アジア・アフリカ言語文化研究所 助教
  • 2017/09 - 2019/02 東京工業大学 非常勤講師
  • 2015/04 - 2016/03 国立民族学博物館 外来研究員
全件表示
受賞 (3件):
  • 2013 - 文化人類学会 第8回日本文化人類学会奨励賞 仮の面と仮の胴-バリ島仮面舞踊劇にみる人とモノのアッサンブラージュ
  • 2011 - 国立民族学博物館 みんぱく若手セミナー賞 レプリカの仮面のゆくえ-バリ島天女の舞の事例から
  • 2009 - 東方学会 東方学会賞 バリ島仮面舞踊劇トペン・ワリと『観客』-シアターと儀礼の狭間で
所属学会 (4件):
障害学会 ,  国際伝統音楽評議会 ,  「宗教と社会」学会 ,  日本文化人類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る