研究者
J-GLOBAL ID:201501077719678317   更新日: 2020年09月23日

落合 博

オチアイ ヒロシ | OCHIAI HIROSHI
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): https://home.hiroshima-u.ac.jp/ochiai/index_jp.htmlhttps://home.hiroshima-u.ac.jp/ochiai/index_en.html
研究分野 (4件): ゲノム生物学 ,  化学物質影響 ,  放射線影響 ,  システムゲノム科学
研究キーワード (14件): SNP ,  遺伝子ターゲティング ,  一塩基置換 ,  遺伝病 ,  遺伝子挿入 ,  TALEN ,  zinc-finger nuclease ,  ゲノム編集 ,  遺伝子発現ゆらぎ ,  ライブイメージング ,  CRISPR ,  ES細胞 ,  多能性幹細胞 ,  1細胞解析
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2018 - 2023 核内RNAボディによるクロマチン制御機構の解明
  • 2019 - 2022 高次ゲノム構造が織りなす複雑な遺伝子発現制御動態の解明
  • 2019 - 2021 増幅遺伝子のコピー数の制御機構の解明
  • 2015 - 2019 細胞多様性決定要因の網羅解析技術の開発
  • 2016 - 2018 遺伝子発現制御と高次ゲノム構造動態の関係解明
全件表示
論文 (32件):
  • Jieru Li, Angela Hsu, Yujing Hua, Guanshi Wang, Lingling Cheng, Hiroshi Ochiai, Takashi Yamamoto, Alexandros Pertsinidis. Single-gene imaging links genome topology, promoter-enhancer communication and transcription control. Nature Structural & Molecular Biology. 2020
  • Hiroshi Ochiai, Tetsutaro Hayashi, Mana Umeda, Mika Yoshimura, Akihito Harada, Yukiko Shimizu, Kenta Nakano, Noriko Saitoh, Zhe Liu, Takashi Yamamoto, et al. Genome-wide kinetic properties of transcriptional bursting in mouse embryonic stem cells. Science advances. 2020. 6. 25. eaaz6699
  • Tatsuo Miyamoto, Kosuke Hosoba, Takeshi Itabashi, Atsuko H Iwane, Silvia Natsuko Akutsu, Hiroshi Ochiai, Yumiko Saito, Takashi Yamamoto, Shinya Matsuura. Insufficiency of ciliary cholesterol in hereditary Zellweger syndrome. The EMBO Journal. 2020. e103499
  • Soya Shinkai, Masaki Nakagawa, Takeshi Sugawara, Yuichi Togashi, Hiroshi Ochiai, Ryuichiro Nakato, Yuichi Taniguchi, Shuichi Onami. PHi-C: deciphering Hi-C data into polymer dynamics. NAR Genomics and Bioinformatics. 2020. 2. 2. lqaa020
  • Sungrim Seirin-Lee, Fumitaka Osakada, Junichi Takeda, Satoshi Tashiro, Ryo Kobayashi, Takashi Yamamoto, Hiroshi Ochiai. Role of dynamic nuclear deformation on genomic architecture reorganization. PLOS Computational Biology. 2019. 15. 9. e1007289-e1007289
もっと見る
MISC (13件):
  • 岡田 賢, 今中 雄介, 津村 弥来, 落合 博, 中田 慎一郎, 小原 收, 山本 卓, 小林 正夫. ELANE変異アレル破壊による遺伝子治療の検討. 日本小児科学会雑誌. 2019. 123. 2. 212-212
  • 落合 博. CRISPR ライブラリーを利用した機能解析. 月刊「細胞」. 2019. 676
  • 落合 博. 高次クロマチン構造のライブイメージング. 生体の科学. 2017. 68. 3. 247-250
  • 落合 博, 松浦 伸也. 新規一塩基置換導入法による高発がん性遺伝病の原因変異の同定. 医学のあゆみ. 2015. 252. 2. 153-158
  • S. Matsuura, E. Royba, S. N. Akutsu, H. Yanagihara, H. Ochiai, Y. Kudo, S. Tashiro, T. Miyamoto. Analysis of individual differences in radiosensitivity using genome editing*. Annals of the ICRP. 2015. 45. 290-296
もっと見る
書籍 (8件):
  • 実験医学別冊 完全版 ゲノム編集実験スタンダード CRISPR-Cas9の設計・作製と各生物種でのプロトコールを徹底解説 (山本 卓,佐久間哲史/編)
    羊土社 2019
  • Imaging Gene Expression, Shav-Tal Y. (eds)
    Humana 2019 ISBN:9781493996742
  • 医療応用をめざすゲノム編集 最新動向から技術・倫理的課題まで 真下 知士/金田 安史 編
    化学同人 2018
  • Genome Editing in Animals
    Springer New York 2017 ISBN:9781493971282
  • All Aboutゲノム編集 “革命的技術”はいかにして私たちの研究・医療・産業を変えるのか? 真下知士,山本 卓/編
    羊土社 2016 ISBN:9784758103596
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • Transcriptional bursting induces gene expression heterogeneity in mES cells
    (Chromosome Dynamics 2019 2019)
  • Transcriptional bursting induces gene expression heterogeneity in mouse embryonic stem cells
    (Single Molecule & Chromatin Symposium 2019)
  • CRISPR ライブラリスクリーニングによる転写バースト関連遺伝子の探索
    (日本ゲノム編集学会 第4回大会 2019)
  • 転写バーストに由来する遺伝子発現量多様性
    (第36回 染色体ワークショップ・第17回 核ダイナミクス研究会 2019)
  • ゲノム構造再編成における動的核変形の役割
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2011 広島大学 数理分子生命理学専攻
  • 2007 - 2008 広島大学 数理分子生命理学専攻
  • 2003 - 2007 広島大学 生物科学科
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 広島大学 大学院統合生命科学研究科 講師
  • 2015/10 - 2019/03 Hiroshima University 大学院理学研究科数理分子生命理学専攻 科学技術振興機構さきがけ研究者 (専任)
  • 2013/04/01 - 広島大学 クロマチン動態数理研究拠点 特任講師
  • 2012/06/01 - 広島大学 原爆放射線医科学研究所 助教
  • 2011/04/01 - 2012/05/31 日本学術振興会 広島大学原爆放射線医科学研究所 特別研究員PD
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2016/06 - 2016/09 日本ゲノム編集学会 日本ゲノム編集学会 第1回大会準備委員
  • 2015/09 - 2015/09 International Summer School on Chromatin Dynamics 2015 実行委員・講師
  • 2015/07 - Editorial Board Member
  • 2015/07 - Scientific Reports Editorial Board Member
受賞 (3件):
  • 2016/11 - 平成28年度 広島大学長表彰
  • 2008/06 - 広島大学エクセレントスチューデント・スカラーシップ
  • 2007/03 - 広島大学理学部長表彰
所属学会 (6件):
日本癌学会 ,  日本放射線影響学会 ,  日本生物物理学会 ,  日本ゲノム編集学会 ,  日本エピジェネティクス研究会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る