{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201502205769101897   整理番号:15A1138093

スタックラミナパネルを用いた木・鋼ハイブリッド耐震壁工法の開発

著者 (5件):
資料名:
巻: 21  号: 49  ページ: 1037-1042  発行年: 2015年10月20日
JST資料番号: L4777A  ISSN: 1341-9463  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
建方精度や乾燥収縮時応力に着目した木・鋼ハイブリッド耐震壁工法を提案し,各種実験を通して本工法の基礎性状を把握した。1)工法の概要,2)本工法の構成要素の概要,a)木質パネル,b)鉄骨フレーム,c)接合金物,d)座屈止め材,3)木・鋼ハイブリッド耐震壁の基礎実験,a)木材の素材実験,b)木材の収縮変形に対する接合金物の挙動確認実験,4)木・鋼ハイブリッド耐震壁の実大実験,a)実験計画及び試験体形状・寸法,b)実験方法及び測定項目,c)実験結果と考察(破壊性状,履歴性状,構造特性係数(Ds値),木質パネルと鉄骨フレームのせん断力分担),5)木・鋼ハイブリッド耐震的の評価及び設計への適用,a)概要,b)解析結果,剛性及び各種耐力の評価(初期剛性,各種耐力),について概説した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
その他の構造材料による構造 
引用文献 (5件):
  • 1) 社団法人日本鋼構造協会,新しい建築空間 ハイブリッド構造の新展開 2009.4
  • 2) 安村 基,スギを用いて製造したクロス・ラミネイティド・ティンバー(CLT)の強度性能 その1~20,日本建築学会大会学術講演梗概集(北海道),pp115,2013.83)
  • 3) 塩手 博道ら,鉄骨フレーム組みとLVLパネルを用いたハイブリッド耐震システムの開発 その1~3,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海),pp129~132,2013.9
  • 4) 2007年枠組壁工法建築物構造計算指針 日本ツーバイフォー建築協会 2007.10
  • 5) 木質構造基礎理論 日本建築学会 2010
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る