{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201502257126555210   整理番号:15A0557501

鎖状構造に基づく主成分分析の一般化

著者 (3件):
資料名:
巻: J98-D  号:ページ: 501-511 (WEB ONLY)  発行年: 2015年03月01日
JST資料番号: U0473A  ISSN: 1881-0225  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
量質混在型の複雑なデータ・テーブルを扱う研究分野である,いわゆるシンボリックデータ・アナリシス(SDA)における主要な目的の一つとして,既存の多変量解析法の一般化が挙げられる。既存の多変量解析では,特徴(変数)間の線形的な関係を共変関係として用いることが多い。この共変関係を線形的な関係のみならず多種多様な関係性を評価できる尺度へ拡張することは,他の手法への応用も可能なことから既存手法の一般化として有効な手段と考えられる。これまで我々は,オブジェクト(サンプル)が多種多様な関係性に沿って並ぶ構造を鎖状構造として捉え,鎖状構造抽出に有効な特徴組を評価できる共変関係の研究を行ってきた。本論文では,この共変関係を用いることにより鎖状構造の検出手法を基盤とする一般化主成分分析法を提案する。提案手法は多種多様な共変関係に基づいた上で,異なる型の特徴が混在するデータ・テーブルから主成分を生成できる。提案手法の性能を示すため,我々は2種類の例題データによる実験の結果を掲載した。続けて提案手法の有用性を論ずるため,従来の主成分分析による解析レポートとの比較実験を行った。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
情報工学基礎理論一般 
引用文献 (28件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る