研究者
J-GLOBAL ID:201601000489280616   更新日: 2020年08月31日

高島 康弘

タカシマ ヤスヒロ | Yasuhiro Takashima
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 研究推進・社会連携機構生命の鎖統合研究センター活かす領域  准教授(兼)(応用生物科学部)
  • 連合獣医学研究科  准教授
研究分野 (3件): 獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学
研究キーワード (30件): 遺伝子改変 ,  バベシア ,  プロテオーム ,  mIFNγ ,  TF7-6 ,  バベシア原虫 ,  NcSRS2 ,  抗原タンパク質 ,  PRV ,  組換えワクチン ,  再活性化 ,  家畜 ,  蛍光蛋白 ,  トキドプラズマ ,  体内伝播 ,  自然抗体 ,  筋肉 ,  ゼノーシス ,  白血球 ,  補体 ,  単球 ,  潜伏感染 ,  オーエスキー病 ,  マイクロキメリズム ,  潜伏 ,  胎盤 ,  α1. 3gal ,  垂直感染 ,  ネオスポラ ,  トキソプラズマ
競争的資金等の研究課題 (33件):
  • 2015 - 2019 細胞内寄生性病原体の侵入を防ぐ「バリア機構」を形成する胎盤の新規分子メカニズム
  • 2015 - 2019 細胞内寄生性病原体の侵入を防ぐ「バリア機構」を形成する胎盤の新規分子メカニズム
  • 2014 - 2018 バングラデシュ農村における流産原因となる人畜共通感染症の挙動
  • 2014 - 2018 バングラデシュ農村における流産原因となる人畜共通感染症の挙動
  • 2015 - 2018 細胞内寄生性病原体の侵入を防ぐ「バリア機構」を形成する胎盤の新規分子メカニズム
全件表示
論文 (22件):
  • Justice Opare Odoi, Kenji Ohya, Junji Moribe, Yasuhiro Takashima, Kotaro Sawai, Kyoichiro Taguchi, Hideto Fukushi, Takayuki Wada, Shiomi Yoshida, Tetsuo Asai. Isolation and antimicrobial susceptibilities of Nontuberculous mycobacteria from wildlife in Japan. Journal of Wildlife Diseases. 2020
  • Niichiro Abe, Kayoko Matsuo, Junji Moribe, Yasuhiro Takashima, Takao Irie, Takashi Baba, Bjorn Gjerde. Morphological and molecular characteristics of seven Sarcocystis species from sika deer (Cervus nippon centralis) in Japan, including three new species. International Journal for Parasitology: Parasites and Wildlife. 2019. 10. 252-262
  • Moni MIZ, Hayashi K, Sivakumar T, Rahman M, Nahar L, Islam MZ, Yokoyama N, Kitoh K, Appiah-Kwarteng C, Takashima Y. First Molecular detection of Theileria annulata in Bangladesh. The Journal of veterinary medical science. 2019. 81. 8. 1197-1200
  • Abe N, Matsuo K, Moribe J, Takashima Y, Baba T, Gjerde B. Molecular differentiation of five Sarcocystis species in sika deer (Cervus nippon centralis) in Japan based on mitochondrial cytochrome c oxidase subunit I gene (cox1) sequences. Parasitology research. 2019. 118. 6. 1975-1979
  • Yoshizaki S, Akahori H, Umemura T, Terada T, Takashima Y, Muto Y. Genome-wide analyses reveal genes subject to positive selection in Toxoplasma gondii. Gene. 2019. 699. 73-79
もっと見る
MISC (15件):
  • 阿部仁一郎, 森部絢嗣, 高島康弘, 松尾加代子, 松尾加代子, 入江隆夫, 馬場孝. 岐阜県産野生ホンシュウジカに寄生する住肉胞子虫の遺伝子解析. 日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集. 2019. 88th. 70
  • 高島 康弘. 豚のトキソプラズマ感染は本当に終わった問題なのか?. All about SWINE. 2017. 50. 16-19
  • 高島 康弘. 寄生する奴らの脱皮、寄生される奴らの脱皮、そして僕らの脱皮. SQUARE 181. 2-5. 2016. 181. 2-5
  • 高島康弘, 村上麻美. 臨床獣医師が知っておきたい寄生虫 ヒトと猫とトキソプラズマの関係. Clinic Note 136. 36-42. 2016. 136. 36-42
  • 高島 康弘. 野原であなたを待っているいきものの話. SQUARE. 2015. 178. 2-5
もっと見る
書籍 (3件):
  • 臨床獣医師のための犬と猫の感染症診療
    2018
  • 猫の診療指針 Part3
    2018
  • 獣医学教育モデル・コア・カリキュラム準拠 寄生虫病学
    2014
講演・口頭発表等 (5件):
  • Toxoplasma gondii infection in domestic animals - beyond mouse model -
    (14th International Congress for Parasitology, 2018)
  • Molecular epidemiology and pathogenesis of Toxoplasma gondii isolated in Eurasia,
    (3rd International Conference; Environment and Sustainable Development of Territories 2017)
  • Strategy of Toxoplasma gondii, a zoonotic protozoan parasite, to disseminate in the host body
    (Annual VIth International Meeting "New concepts on the mechanisms of inflammation, autoimmunity and tumorogenesis. 2017)
  • Prevalence of Toxoplasma gondii in domestic animals for meat production.
    (日伊科学技術宮崎国際会議 2014)
  • 免疫系に直接作用するワクチンアジュバント -新しいワクチンアジュバントの実用に向けて(1)-
    (2005)
学歴 (1件):
  • 1993 - 1999 東京大学農学部獣医学科
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2007 - 2015 岐阜大学 准教授
  • 2001/05/01 - 2004/09/30 東京大学大学院農学生命科学研究科助手
  • 2000/04/01 - 2001/04/30 日本学術振興会特別研究員(D.C.1)
受賞 (1件):
  • 2005/06/06 - 三島海雲学術奨励賞
所属学会 (4件):
日本獣医寄生虫学会 ,  日本寄生虫学会 ,  International Society for Antiviral Research ,  日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る