研究者
J-GLOBAL ID:201601002615399252   更新日: 2020年08月25日

松原 紀子

matsubara noriko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): その他
研究キーワード (4件): 健康相談活動 ,  健康教育 ,  学校保健 ,  養護実践
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2020 子どもにおける生まれ変わりの思想と心理的危機に関する研究
  • 2016 - 2018 ネウボラの可視化と評価から新日本版ネウボラ子育て支援構築とその課題や展望
論文 (16件):
  • A study on child and family support in Finland's neuvola from pregnancy to preschool. 岐阜保健大学紀要. 2020. 1. 1. 44-53
  • 青嶋裕子, 松原紀子. コミュニティスクールを活用した「いのちの授業」の実践の効果ー子どもの学び及び授業者の意識の質的調査分析からー. 日本養護実践学会・学会誌 養護実践学研究. 2019. 2. 1. 37-45
  • 松原紀子, 内藤直子, 藏本直子, 星貴江. フィンランドのヘルシンキ市近郊における子どもネウボラの状況からみた日本の就学前教育の課題. 日本看護・教育・福祉学研究. 2019. 2. (1). 1-8
  • 藏本 直子, 杉下 佳文, 内藤 直子, 松原 紀子. フィンランドのネウボラにおける子育て支援に対する母親の評価 満足点と改善点に着目して. 母性衛生. 2019. 59. 4. 931-938
  • 下村 淳子, 林 典子, 鎌塚 優子, 井澤 昌子, 出川 久枝, 松原 紀子. 新規採用養護教諭の保健管理に関する自己評価の変化. 東海学校保健研究. 2018. 42. 1. 49-60
もっと見る
MISC (5件):
講演・口頭発表等 (4件):
  • The characteristics of education provided in nursery schools that cooperate with child health centers in the suburbs of Helsinki
    (日本ヒューマンヘルスケア学会誌 2017)
  • 小学校5,6年生とその保護者が小学校5,6年生とその保護者がつけたい体力とその規定要因の検討 つけたい体力とその規定要因の検討
    (第58回東海学校保健学会 2017)
  • フィンランドの保育施設の特徴と子どもネウボラとの相互連携
    (母性衛生 2017)
  • ライフスキルにおける意志決定スキルを活用した生活習慣改善の試み
    (第59回日本学校保健学会 2014)
学歴 (2件):
  • 2013 - 2016 愛知学院大学
  • 2006 - 2008 愛知教育大学
学位 (2件):
  • 博士(健康科学) (愛知学院大学)
  • 修士(教育学) (愛知教育大学)
所属学会 (8件):
日本母性衛生学会 ,  日本教育保健学会 ,  日本ヒューマンヘルスケア学会 ,  東海学校保健学会 ,  日本健康相談活動学会 ,  日本養護教諭教育学会 ,  日本学校保健学会 ,  日本養護実践学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る