研究者
J-GLOBAL ID:201601005626915685   更新日: 2021年10月05日

中村 英夫

ナカムラ ヒデオ | NAKAMURA Hideo
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://civilold.civil.cst.nihon-u.ac.jp/~h.nakamura/
研究分野 (2件): 土木計画学、交通工学 ,  土木計画学、交通工学
研究キーワード (2件): 都市交通計画 ,  都市計画
論文 (9件):
MISC (15件):
  • 中村英夫. 持続可能で多様性に富むまちなかづくりと区画整理. 区画整理. 2021. 64. 2. 6-9
  • 中村英夫. 区画整理の進化にあたり重視すべきこと〜ソフトウェア開発のフレームワークとの類似性に着目して〜. 区画整理士会報. 2020. 207. 2-5
  • 中村英夫. 令和時代のまちづくりを考える. 区画整理士会報. 2020. 202. 10-13
  • 中村英夫. 都市交通・交通広場とまちの活性化. 区画整理士会報. 2019. 196. 20-23
  • 中村英夫. 区画整理におけるまちづくり施設の整備. 区画整理. 2018. 61. 4. 6-10
もっと見る
書籍 (4件):
  • 耐津波学-津波に強い社会を創る
    森北出版株式会社 2015
  • 実用 都市づくり用語辞典
    山海堂 2007
  • タウンモビリティと賑わいまちづくり-高齢社会のバリアフリー・ショッピング
    (株)学芸出版社 1999
  • ゆとり社会とみちづくり
    大成出版社 1992
講演・口頭発表等 (16件):
  • 商業施設の立地動向に着目した都市機能誘導区域設定の評価に関する研究
    (令和3年度土木学会全国大会第76回年次学術講演会 2021)
  • 商業施設の立地動向に着目した都市機能誘導区域設定の評価に関する研究」、第48回土木学会関東支部技術研究発表会講演概要集
    (第48回土木学会関東支部技術研究発表会 2021)
  • 駅前広場の整備状況と道路状況に着目した駅周辺の都市機能の経年変化-神奈川県川崎市をケーススタディとして-
    (第48回土木学会関東支部技術研究発表会 2021)
  • Effects of the underground discharge channel / reservoir for small urban rivers in the Tokyo area
    (17th World Conference ACUUS 2020 (Virtual Conference), 2021)
  • 生活基盤施設周辺の人口分布や公共交通サービス水準からみる都市の類型化-茨城県の市町村を対象として-
    (第64回日本大学理工学部学術講演会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1957 - 1986 北海道大学 土木工学科
  • 1957 - 1986 北海道大学 土木工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (14件):
  • 2021/04 - 現在 日本大学本部 就職支援センター 副センター長
  • 2020/10 - 現在 理工学部 就職指導委員会 副委員長
  • 2016/04 - 現在 日本大学 理工学部土木工学科 教授
  • 2018/10 - 2020/09 理工学部 土木工学科 教室主任
  • 2018/04 - 2020/09 理工学部 学生生活委員会 委員
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2020/06 - 現在 日本都市計画学会 常務理事・学術委員長
  • 2016/06 - 現在 土木学会 土木学会論文集編集委員会D2分冊編集小委員会
  • 2018/05 - 2020/04 日本都市計画学会 学術委員会委員・副委員長
  • 2017/04 - 2018/04 日本都市計画学会 学術委員会委員
所属学会 (9件):
日本河川協会 ,  都市計画協会 ,  都市環境エネルギー協会 ,  全日本土地区画整理士会 ,  地理情報システム学会 ,  日本計画行政学会 ,  土木学会 ,  日本都市計画学会 ,  交通工学研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る