研究者
J-GLOBAL ID:201601006766364090   更新日: 2020年09月01日

須藤 淳一

ストウ ジュンイチ | suto jun'ichi
所属機関・部署:
職名: 主席研究員
ホームページURL (1件): http://www.naro.affrc.go.jp/nias/index.html
研究分野 (3件): 遺伝学 ,  実験動物学 ,  動物生理化学、生理学、行動学
研究キーワード (12件): 哺育能力 ,  脾臓 ,  β-細胞 ,  2型糖尿病 ,  肥満関連代謝異常 ,  量的形質遺伝子座 ,  Y染色体コンソミックマウス系統 ,  遺伝解析 ,  多因子性形質 ,  Y染色体 ,  Genetics ,  遺伝学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2016 - 2020 新規2型糖尿病マウスの膵臓β-細胞喪失に関わる責任遺伝子の同定と病態解析
  • 2014 - 2015 母親の哺育能力に関する遺伝解析
  • 2009 - 2012 Y染色体コンソミック系統群による量的形質遺伝子座解析
  • 2009 - 2010 高中性脂肪血症を示す新たな生活習慣病モデルマウスの特性解析と遺伝的成因の同定
  • 2007 - 2009 多因子による肛門直腸奇形症の遺伝解析
全件表示
論文 (58件):
  • Suto JI. Genetic analysis of the mandible morphology in DDD.Cg-Ay/Sgn and C57BL/6J inbred mice. Journal of genetics. 2019. 98
  • Suto JI, Kojima M. Effects of quantitative trait loci determining testicular weight in DDD/Sgn inbred mice are strongly influenced by circulating testosterone levels. Asian-Australasian journal of animal sciences. 2019
  • Suto JI, Kojima M. Quantitative trait loci that determine plasma insulin levels in F2 intercross populations produced from crosses between DDD/Sgn and C57BL/6J inbred mice. Journal of genetics. 2018. 97. 5. 1413-1420
  • Suto JI, Kojima M. Quantitative trait loci that determine plasma insulin levels in F2 intercross populations produced from crosses between DDD/Sgn and C57BL/6J inbred mice. J Genet. 2018. 97. 5. 1413-1420
  • Jun-ichi Suto. Effects of the Y chromosome and the dominant hemimelia mutation on the morphology of the mouse mandible. Congenital anomalies. 2018. 59. 2. 32-38
もっと見る
学歴 (2件):
  • 東北大学大学院農学研究科
  • 東北大学農学部
学位 (1件):
  • 農学博士 (東北大学)
経歴 (1件):
  • 2016/04 - 現在 農研機構 生物機能利用研究部門 主席研究員
委員歴 (1件):
  • 2015/07 - 2017/07 人事院人材局 国家公務員採用総合職試験(化学・生物・薬学)試験専門委員
所属学会 (2件):
日本分子生物学会 ,  日本遺伝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る