研究者
J-GLOBAL ID:201601009847608120   更新日: 2020年06月04日

斎藤 昇太郎

サイトウ ショウタロウ | SAITO Shotaro
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (2件): 分析化学 ,  環境材料、リサイクル技術
研究キーワード (7件): 分析化学 ,  均一液液抽出 ,  HoLLE ,  相分離 ,  界面活性剤 ,  貴金属 ,  希少金属
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2013 - 2014 異種高分子担体を配備した多段抽出型重金属分離システムの開発
論文 (5件):
MISC (2件):
特許 (4件):
講演・口頭発表等 (12件):
  • Homogenous liquid-liquid extraction using weak acidic fluorine-based surfactant and its application to separation and recovery method for rare earth elements
    (PACIFICHEM 2015 2015)
  • 携帯電話電子基板からのpH刺激応答性ポリマーによる金の分離・回収法
    (日本分析化学会第64年会 2015)
  • L-アスコルビン酸添加条件におけるpH刺激応答性ポリマーを用いる金(III),銀(I),白金(II)の選択的捕集特性と分離・回収法
    (第75回分析化学討論会 2015)
  • 機能性綿球を用いるPt, Au, Hgの選択的吸着と相互分離・回収法の開発
    (第11回茨城地区分析技術交流会 2014)
  • 機能性綿球による金属イオンの選択的抽出特性と相互分離を伴う逆抽出法の開発
    (日本分析化学会第63年会 2014)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (茨城大学)
受賞 (3件):
  • 2014/09 - 公益社団法人 日本分析化学会 第63年会 若手優秀ポスター賞 弱酸性フッ素系界面活性剤を抽出剤とするレアアースの分離・回収法の開発
  • 2012/09 - The 6th International Conference on Gold Science, Technology and its Applications (Gold2012) Poster Award Characteristics of Selective Separation and Recovery for Gold(III) using pH Responsive Polymer in Ternary Liquid-liquid Extraction and its Application to Recycle System
  • 2012/05 - 日本分析化学会 第72回分析化学討論会 櫻島賞(若手ポスター賞) アセチルアセトン官能基を持つビニルエーテル系ポリマーを用いた金の選択的分離・回収システムの開発
所属学会 (2件):
化学工学会 ,  日本分析化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る