研究者
J-GLOBAL ID:201601013971628470   更新日: 2020年06月30日

坂上 倫久

サカウエ トモヒサ | Sakaue Tomohisa
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 愛媛大学  循環器研究ユニット   ユニット長
  • 愛媛大学  先端研究・学術推進機構 プロテオサイエンスセンター 細胞増殖・腫瘍制御部門   講師
ホームページURL (1件): http://www.m.ehime-u.ac.jp/school/surgery2/staff/
研究分野 (1件): 医化学
研究キーワード (5件): 大動脈弁狭窄症 ,  血管内皮細胞 ,  血管新生 ,  ユビキチンリガーゼ ,  循環器学
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2019 - 2023 大動脈弁石灰化における骨芽細胞分化マスターレギュレーターの同定と機能阻害剤の開発
  • 2018 - 2023 先天性心臓手術における生体親和性ナノ複合代用心膜による心膜再生素材と治療法の開発
  • 2019 - 2022 ヒト臨床検体を用いた大動脈弁狭窄症の分子機序・血中病態予測マーカーの探索
  • 2019 - 2022 ユビキチンリガーゼを標的とした肺虚血再灌流障害制御法の開発と臨床応用
  • 2018 - 2021 新規CUL3複合体による血管新生ブレーキ解除機構の解明
全件表示
論文 (3件):
MISC (27件):
  • 坂上 倫久, 濱口 美香, 青野 潤, 中城 公一, 鹿田 文昭, 倉田 美恵, 大嶋 祐介, 浪口 謙治, 山口 修, 東山 繁樹, 泉谷 裕則. 網羅的遺伝子発現解析による大動脈弁石灰化機序の解明. 血管. 2020. 43. 1. 40-40
  • 坂上 倫久, 中岡 裕智, 岡崎 幹生, 重松 久之, 杉本 龍士郎, 泉谷 裕則, 佐野 由文. 肺癌におけるPD-L1の発現制御メカニズムの解析. 肺癌. 2019. 59. 6. 791-791
  • 坂上 倫久, 藤崎 亜耶子, 泉谷 裕則, 東山 繁樹. Nedd8-CUL3軸は血管内皮細胞の特異性維持に必須である. 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集. 2019. 92回. [2P-087]
  • 近藤 綾乃, 松木 依理奈, 楠本 智章, 藤原 章, 坂上 倫久, 前川 大志, 藤崎 亜耶子, 福田 信治, 東山 繁樹, 中山 寛尚. Cullin-3ユビキチン複合体による膜型メタロプロテアーゼ制御機構解析. 臨床検査学教育. 2019. 11. 1. 113-114
  • 坂上 倫久, 濱口 美香, 青野 潤, 中岡 裕智, 倉田 美恵, 鹿田 文昭, 浪口 謙治, 打田 俊司, 八杉 巧, 増本 純也, 東山 繁樹, 泉谷 裕則. 二次元電気泳動法を用いた石灰化大動脈弁のタンパク質解析. 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集. 2019. 49回. [PP-248]
もっと見る
特許 (1件):
  • patent.conceptsengine.com/patent/application/2015126722 特開2015-126722 (P2015-126722A) 公開日:2015/07/09. 出願人: 国立大学法人愛媛大学 . 発明者: 東山繁樹 新規ユビキチンリガーゼ及びそのアダプターコンポーネント並びにそれらの用途を提供すること。 IPC分類: C12N 関連技術: 突然変異または遺伝子工学, 酵素・酵素の調製, 蛋白脂質酵素含有医薬:その他の医薬, 他の有機化合物及び無機化合物含有医薬,
講演・口頭発表等 (10件):
  • NEDD8修飾系による VEGFシグナル制御機構
    (第42回日本分子生物学会年会WS ネオ血管元年の幕開けーVEGF研究の温故知新ー 2019)
  • Identification of target molecules for anti-deterioration therapy against implanted tissue valve in aortic position utilizing proteomic technology
    (European Association for Cardio-Thoracic Surgery 2019(Lisbon) 2019)
  • Valve interstitial cell-specific cyclooxygenase1 is associated with calcification of native and bioprosthetic aortic valves: molecular profiling and functional analysis of valve interstitial cells
    (55th The Society of Thoracic Surgeons (STS) annual meeting 2019)
  • Angiogenic regulation by CUL3-based E3 ubiquitin ligase complexes
    (第41回日本分子生物学会年会 Workshop 血管生物医学の最前線 2018)
  • CUL3-based E3 ubiquitin ligase complex is essential for vascular endothelial cell motility
    (International Vascular Biology Meeting 2018(Helsinki) 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2006 - 2010 滋賀医科大学 医学系研究科 生体情報解析系(生化学・分子生物学講座 分子病態生化学部門) 博士課程
学位 (1件):
  • 博士(医学) (滋賀医科大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 愛媛大学 ユニット長
  • 2018/12 - 現在 愛媛大学大学院 医学系研究科/プロテオサイエンスセンター 講師
  • 2015/04 - 2018/11 愛媛大学大学院 医学系研究科 助教
  • 2013/04 - 2015/03 愛媛大学 プロテオサイエンスセンター 助教
委員歴 (1件):
  • 2018/04 - 現在 日本血管生物医学会 評議員
受賞 (6件):
  • 2020/04 - 日本胸部外科学会 JATS award for young investigators
  • 2019/11 - 第4回黒潮カンファレンス 研究奨励賞 最優秀賞
  • 2018/06 - International Vascular Biology Meeting 2018 Travel Award
  • 2018/03 - 第四回日本血管生物若手研究会 優秀賞
  • 2016/10 - International Vascular Biology Meeting 2016 Travel Award
全件表示
所属学会 (10件):
日本呼吸器外科学会 ,  日本外科学会 ,  日本肺癌学会 ,  日本胸部外科学会 ,  日本心臓血管外科学会 ,  日本心脈管作動物質学会 ,  北アメリカ血管生物学会 ,  日本病態プロテアーゼ学会 ,  日本血管生物医学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る