研究者
J-GLOBAL ID:201601014895258827   更新日: 2021年04月23日

峠 嘉哉

トウゲ ヨシヤ | TOUGE Yoshiya
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (2件): http://www.yoshiya-touge.comhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/ab724a3c23c4971f18e792c0b84859a4.html
研究分野 (1件): 水工学
研究キーワード (8件): 水文学 ,  水資源 ,  気候変動 ,  中央アジア ,  大陸性内陸湖 ,  乾燥害 ,  森林火災 ,  陸面過程
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2020 - 2024 人口減少下での中小河川の水文・環境変化と新しい管理手法の研究
  • 2020 - 2024 大規模林野火災を想定した極端な乾燥に関する水文学的検討
  • 2019 - 2022 豪雨の空間発生確率の推定
  • 2019 - 2022 日本全域における流出ポテンシャル流木量の推定
  • 2018 - 2022 気候変動による河川から海岸への土砂供給量変化を考慮した確率海岸線変化モデルの開発
全件表示
論文 (38件):
  • Yikai Chai, Yoshiya Touge, Ke Shi, So Kazama. Evaluating Potential Flood Mitigation Effect of Paddy Field Dam for Typhoon No.19 Using Rainfall Runoff Inundation Model in the Naruse River Basin. Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser.B1 (Hydraulic Engineering). 2020. 76. 1. 295-303
  • 柳原駿太, 山本道, 風間聡, 峠嘉哉. 日本全域を対象とした極値降雨データに基づく内水リスクの推定およびその将来変化. 土木学会論文集B1(水工学). 2020. 76. 2. I_85-I_90
  • 山本道, 風間聡, 峠嘉哉, 多田毅, 山下毅. 日本全国洪水氾濫解析による気候変動への緩和策及び土地利用規制の評価. 土木学会論文集G(環境). 2020. 76. 5. I_141-I_150
  • Yoshiya Touge, Jacqueline Muthoni Mbugua, So Kazama, Temur Khujanazarov, Kenji Tanaka. Detecting Irrigation Effect on Surface Temperature using MODIS and Land Surface Model in Whole Uzbekistan. IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium. 2020. 4951-4954
  • Grace Puyang Emang, Yoshiya Touge, So Kazama. Evaluating Trees Crowns Damage for the 2017 Largest Wildfire in Japan using SENTINEL-2A NDMI. IEEE International Geoscience and Remote Sensing Symposium. 2020. 6794-6797
もっと見る
MISC (34件):
  • 佐藤 貴紀, 田上 雅浩, 峠 嘉哉. 「若手のページ」・「発想のたまご」の編集後記. 水文・水資源学会誌. 2020. 33. 6. 289-290
  • 渡部哲史, 小槻峻司, 綿貫翔, 橋本雅和, 峠嘉哉, 田中智大, 田上雅浩, 丸谷靖幸, 山田真史, 林義晃. ポストコロナの水文・水資源研究組織創設に向けて-WACCA virtual laboratory-. 水文・水資源学会誌. 2020. 33. 6. 17-21
  • 峠嘉哉, 有働恵子, 風間聡. 将来気候における降雨特性の変化と土砂生産量への影響推定. 第28 回海洋工学シンポジウム. 2020
  • 峠嘉哉. 林野火災焼損域における1000地点観測. 水文・水資源学会誌. 2020. 33. 2. 63-63
  • 峠 嘉哉. 釜石市の林野火災発生地における土壌水分量再現計算. 建設工学研究振興会 財団年報. 2019. 54. 19-22
もっと見る
書籍 (1件):
  • 河川工学
    理工図書 2020
講演・口頭発表等 (67件):
  • Evaluating Spatiotemporal Patterns of Drought in Japan from 1960 to 2018
    (the 2020 AGU Fall Meeting 2020)
  • Basin Scale Analysis of Land Surface Hydrological Processes for Water Management in the Lake Turkana Basin
    (the 2020 AGU Fall Meeting 2020)
  • Assessment of the secondary salinization impact to the water resources in the Uzbekistan
    (The 8th International Symposium on Water Environment Systems --with Perspective of Global Safety 2020)
  • Spatiotemporal analysis of drought indicated by scPDSI over Japan
    (The 8th International Symposium on Water Environment Systems --with Perspective of Global Safety 2020)
  • Application of simple paddy field dam model for typhoon event at basin scale
    (The 8th International Symposium on Water Environment Systems --with Perspective of Global Safety 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2012 - 2015 京都大学 社会基盤工学専攻
  • 2010 - 2012 京都大学 都市社会工学専攻
  • 2006 - 2010 京都大学 地球工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (3件):
  • 2016/04 - 現在 東北大学 工学研究科 助教
  • 2015/04 - 2016/03 京都大学 防災研究所 特任助教
  • 2013/04 - 2015/03 日本学術振興会 特別研究員
委員歴 (4件):
  • 2020/06 - 現在 土木学会 水工学委員会オンラインワーキング
  • 2019/10 - 現在 United Nations, ESCAP Risk Assessment of Sand and Dust Storms in Asia and the Pacific
  • 2018/09 - 現在 水文・水資源学会 編集出版委員
  • 2020/02 - 2020/09 宮城県 近年の降雨状況を踏まえた今後の治水対策の在り方検討
受賞 (10件):
  • 2021/02 - 若手アンサンブルワークショップ 優秀ポスター賞 江戸時代の大火を対象とした季節変動と水文学的要因分析
  • 2021/02 - 若手アンサンブルワークショップ 優秀ポスター賞 林野火災焼損跡における種々の観測事例
  • 2018/09 - 水文・水資源学会 優秀ポスター賞(銀賞)
  • 2018/06 - 建設工学研究振興会 建設工学研究奨励賞
  • 2016/09 - 土木学会地球環境委員会 地球環境論文奨励賞
全件表示
所属学会 (4件):
アメリカ地球物理学連合 ,  日本自然災害学会 ,  土木学会 ,  水文・水資源学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る