研究者
J-GLOBAL ID:201601017141194805   更新日: 2020年06月03日

荘林 幹太郎

Mikitaro Shobayashi
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 地域環境工学、農村計画学 ,  食料農業経済
研究キーワード (6件): 連坦化 ,  農政システム ,  直接支払い ,  多面的機能 ,  農業資源政策 ,  農業環境政策
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2021 大規模経営体の農地連坦化に伴う農場内投資と灌漑水の従量課金システムの制度設計
  • 2017 - 2020 農業環境政策に係わる『認識共同体』の役割に関する国際比較研究
  • 2016 - 2018 オークション型環境直接支払による生態系保全と農業強化に関する研究
  • 2016 - 2018 農政改革の再評価と将来像
  • 2013 - 2016 わが国における現代農政システムの規範的分析に関する研究
全件表示
論文 (49件):
もっと見る
MISC (7件):
  • 荘林 幹太郎. 地球温暖化を乗り越える(9)温暖化緩和と農業(3). 週刊農林. 2018. 2345. 4-5
  • 荘林 幹太郎. 地球温暖化を乗り越える(7)温暖化への適応における農業用水利施設の役割と制度的課題(2). 週刊農林. 2018. 2343. 4-5
  • 荘林 幹太郎. 地球温暖化と日本農業 : 課題と挑戦(1) (地球温暖化を乗り越える(5)). 週刊農林. 2018. 2341. 4-5,13
  • 荘林 幹太郎. GAPと環境支払いの補完的な運用による「農村のブランド化」を目指して(3) (食の安全・安心と持続可能な農業の展開(3)). 週刊農林. 2016. 2299. 6-7
  • 荘林 幹太郎. 食の安全・安心と持続可能な農業の展開(2)GAPと環境支払いの補完的な運用による「農村のブランド化」を目指して(2). 週刊農林. 2016. 2298. 4-5
もっと見る
書籍 (10件):
  • 農業経済学事典
    岩波書店 2019
  • 日本の農業環境政策-持続的な美しい農業・農村を目指して
    農林統計協会 2018 ISBN:4541041685
  • (新版)キーワードで読みとく現代農業と食料・環境
    2017
  • 調和的秩序形成の課題 (学習院女子大学国際学研究所叢書)
    御茶の水書房 2016 ISBN:4275020588
  • 農業直接支払いの概念と政策設計-我が国農政の目的に応じた直接支払い政策の確立に向けて
    農林統計協会 2014 ISBN:4541039613
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1986 - 1988 Johns Hopkins University
  • 1980 - 1982 東京大学大学院農学系研究科
  • 1976 - 1980 東京大学 農業工学科
学位 (2件):
  • 博士(農学) (東京大学)
  • MS (Johns Hopkins University)
経歴 (6件):
  • 2017/04 - 現在 学習院女子大学 副学長
  • 2007/04 - 現在 学習院女子大学 国際文化交流学部 教授
  • 1982/04 - 2007/02 農林水産省
  • 2003/05 - 2006/03 滋賀県農政水産部 技監
  • 1999/06 - 2003/04 OECD 農業水産局 上級アナリスト
全件表示
受賞 (4件):
  • 2019/11 - 国際水田水・環境工学会 国際賞
  • 2019/09 - 農業農村工学会 国際貢献賞
  • 2019/05 - 日本農業工学会 フェロー
  • 2015/08 - 農業農村工学会 著作賞
所属学会 (3件):
農村計画学会 ,  農業農村工学会 ,  日本農業経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る