研究者
J-GLOBAL ID:201601019351386980   更新日: 2021年04月26日

佐藤 久子

サトウ ヒサコ | Sato Hisako
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (6件): ナノ材料科学 ,  分析化学 ,  無機・錯体化学 ,  基礎物理化学 ,  機能物性化学 ,  無機物質、無機材料化学
研究キーワード (28件): パーフルオロ基低分子量キラルゲル化剤 ,  キラル金属錯体 ,  キラリティ ,  D-アミノ酸 ,  粘土LB法 ,  振動円二色性分光法 ,  超分子キラリティ ,  キラルテクトニクス ,  有機無機ハイブリッド ,  粘土鉱物 ,  センサー ,  トランジスタ ,  イリジウム錯体 ,  伝導性 ,  ニオブ酸ナノシート ,  無機材料 ,  ナノシート ,  電子デバイス ,  ダイオード ,  合成サポナイト ,  層状化合物ナノシート ,  層間・層状化合物 ,  光伝導性 ,  光電流 ,  光学分割 ,  粘土鉱物ナノシート ,  酸素センシング ,  発光
競争的資金等の研究課題 (23件):
  • 2020 - 2023 不均一系触媒作用を目指した無機キラルナノスクロール創製への挑戦
  • 2019 - 2022 キラルな置換活性錯体をエナンチオ選択的に包接する液晶性錯体ホストの開発
  • 2019 - 2022 汚染土壌中のセシウム固定化機構の解明と実用減容化技術の開発
  • 2017 - 2021 汚染土壌中の吸着セシウムイオンのミクロ構造の解明
  • 2017 - 2021 発光性キラルイリジウム錯体膜を用いたアップコンバージョンシステムの構築
全件表示
論文 (187件):
  • Hisako Sato, Kazuyoshi Takimoto, Jun Yoshida, Yutaka Watanabe, Akihiko Yamagishi. Solid-State Vibrational Circular Dichroism as Applied for Heterogenous Asymmetric Catalysis: Copper(II) Complexes Immobilized in Montmorillonite. Chem. Lett. 2021. 50. 5. 896-898
  • Hisako Sato, Kazuyoshi Takimoto, Jun Yoshida, Akihiko Yamagishi. Stereoselective Enhancement of VCD Signals for Intercalation Compounds of Sodium Montmorillonite and Chiral Metal Complexes. Bull. Chem. Soc. Jpn. 2021. doi:10.1246/bcsj.20210101. -. ---
  • Wakako Mori, Keisuke Yuzu, Nadine Lobsiger, Hideo Nishioka, Hisako Sato, Terumasa Nagase, Keiichi Iwaya, Mikael Lindgren, Tamotsu Zako. Degradation of insulin amyloid by antibiotic minocycline and formation of toxic intermediates. Sci. Rep. 2021. 11. 6857
  • Akihiko Yamagishi, Yasushi Umemura, Kenji Tamura, Tomoko Yajima, Hisako Sato. Langmuir-Blodgett Films of Chiral Perfluorinated Gelators: Effects of Chirality and Chain Length on Two-dimensional Behavior. Bull. Chem. Soc. Jpn. 2021. 94. 2. 377-381
  • Hisako Sato, Masaru Shimizu, Keisuke Watanabe, Jun Yoshida, Izuru Kawamura, Jun Koshoubu. Multidimensional Vibrational Circular Dichroism Apparatus Equipped with Quantum Cascade Laser and Its Use for Investigating Some Peptide Systems Containing D-Amino Acids. Anal. Chem. 2021. 93. 5. 2742-2748
もっと見る
MISC (304件):
特許 (53件):
書籍 (9件):
  • 錯体化学辞典
    2019
  • Surface and Interface Chemistry of Clay Minerals
    Elsevier 2018
  • Inorganic Nanosheets and Related Materilas: Fumdamentals and Applications of Two-Dimensional Systems
    Springer 2017 ISBN:9784431564942
  • 低分子ゲルの開発と応用
    シーエムシー出版 2016
  • Clay MInerals in Nature
    2012
もっと見る
講演・口頭発表等 (71件):
  • Real-Time Sensing of Oxygen Molecules by Ultrathin Hybrid Films of Luminescent Iridium(III) Complexes and Clay Nanosheets
    (日本化学会第100春季年会 2020)
  • Application of Solid-State Vibrational Circular Dichroism for Layered Double Hydroxides: Intercalation Structure of Phenylalanine
    (日本化学会第100春季年会 2020)
  • Application of Solid-state Vibrational Circular Dichroism Spectroscopy to Intercalation Compounds of Clay Minerals: Recognition of Molecular Chirality within an Interlayer Space
    (ACS Pubication Symposium Inovation in materials science &tecnology 2019)
  • NMR Chiral Sensing Based on Zinc Complex of Salen-like Ligand with CS Symmetry
    (錯体化学第69回討論会 2019)
  • Phosphorus Color Control by Use of the hybrid Langmuir-Blodgett films of Iridium Complexes and Synthetic Saponite Deposited onto a Metal Substrate
    (錯体化学第69回討論会 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1999 - 東京大学 博士(工学)
  • 1992 - 北海道大学 博士(理学)
  • 1981 - 1983 東京大学 化学専攻
  • 1977 - 1981 早稲田大学 応用化学科
学位 (2件):
  • 博士(理学) (北海道大学)
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (8件):
  • 2010 - 現在 愛媛大学 大学院・理工学研究科 教授
  • 2014 - 2016 東邦大学理学部 客員教授
  • 2009/04 - 2010/03 愛媛大学大学院理工学研究科 准教授
  • 2006/10 - 2009/03 JST さきがけ研究者(東京大学大学院理学系研究科)
  • 2003/03 - 2006/09 JST CREST研究員(東京大学大学院理学系研究科)
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2017/03 - 現在 日本化学会 中国四国支部 代表正会員
  • - 現在 日本粘土学会 粘土科学 編集委員
  • - 現在 日本化学会 低次元系光機能材料研究会 運営委員
  • - 現在 環境放射能除染学会 評議員
  • - 現在 モレキュラーキラリティ学会 実行委員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2020 - 王立化学会 PCCP PCCP Emerging Investigators
  • 2017/09 - 日本粘土学会 論文賞
  • 2008/06 - 日本女性科学者の会 第13回奨励賞 無機ナノシートの電子デバイスの研究
  • 2003/09 - 日本粘土学会 平成15年度日本粘土学会論文賞
所属学会 (10件):
モレキュラーキラリティ ,  低次元光機能材料研究会 ,  環境放射能除染学会 ,  錯体化学会 ,  日本粘土学会 ,  応用物理学会 ,  日本化学会 ,  日本分光学会 ,  日本女性科学者の会 ,  分子科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る