研究者
J-GLOBAL ID:201601020479626680   更新日: 2021年03月30日

清水 崇史

シミズ タカフミ | Shimizu Takafumi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 生物有機化学
研究キーワード (5件): 質量分析 ,  イネ ,  ジャスモン酸 ,  植物二次代謝 ,  植物ホルモン
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2021 イネにおけるコール酸応答の包括的理解と分子機構の解明研究
  • 2009 - 2010 イネのジャスモン酸によるフェノール性化合物生産誘導を介した防御応答機構の解明
論文 (23件):
もっと見る
MISC (7件):
  • 清水 崇史. 酢で発現する植物ホルモン ジャスモン酸の働きとは?. 現代農業9月号. 2020. 99. 9. 56-61
  • 清水 崇史, 渡邊 俊介, 鈴木 洋弥, 竹林 裕美子, 瀬尾 光範. 植物科学における一細胞質量分析法:植物ホルモンの定量と今後の展望. 質量分析. 2020. 68. 2. 26-32
  • 安藤杉尋, 田部茂, 繁森英幸, 山田小須弥, 清水崇史, 岡田憲典, 山根久和, 秋本千春, 西澤洋子, 南栄一. イネいもち病菌の自己感染補助因子-感染過程解析のツール-. 日本農薬学会誌. 2009. 34. 4. 335-338
  • Sugihiro Ando, Shigeru Tanabe, Hideyuki Shigemori, Kosumi Yamada, Takafumi Shimizu, Kazunori Okada, Hisakazu Yamane, Chiharu Akimoto-Tomiyama, Yoko Nishizawa, Eiichi Minami. Magnaporthe oryzae: A tool for the molecular analysis of compatibility. JOURNAL OF PESTICIDE SCIENCE. 2009. 34. 4. 335-338
  • Tetsuya Chujo, Kouichi Kawamoto, Kazunari Yamada, Takafumi Shimizu, Ken Haga, Moritoshi Iino, Eiichi Minami, Naoto Shibuya, Kazunori Okada, Hideaki Nojiri, et al. Characterization of the elicitor-responsive transcription factor OsWRKY53 in rice and identification of an elicitor/jasmonate-responsive region of the OsWRKY53 promoter. PLANT AND CELL PHYSIOLOGY. 2007. 48. S246-S246
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • GH3.10はシロイヌナズナの花成や傷害応答においてJAR1と重複した機能を有する
    (第62回日本植物生理学会 2021)
  • シロイヌナズナDFL2の花成と傷害応答における機能解析
    (植物化学調節学会第55回大会 2020)
  • シロイヌナズナにおけるJA-Ile 輸送体NPF8.1/PTR1 のべと病感染下での機能解析
    (第61回日本植物生理学会年会)
  • イネの塩ストレス応答時における代謝変動の多様性研究
    (第61回日本植物生理学会年会)
  • イネにおけるジテルペン型ファイトアレキシン産生能の多様性解析
    (第61回日本植物生理学会年会)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2008 - 2011 東京大学 応用生命工学専攻
  • 2006 - 2008 東京大学 応用生命工学専攻
  • 2004 - 2006 東京大学 生物生産科学課程
  • 2002 - 2004 東京大学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学大学院)
経歴 (5件):
  • 2017/04 - 現在 奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 助教
  • 2017/04 - 現在 特定国立研究開発法人理化学研究所 環境資源科学研究センター 客員研究員
  • 2013/04 - 2017/03 特定国立研究開発法人理化学研究所 環境資源科学研究センター 特別研究員
  • 2012/04 - 2013/03 大阪市立大学 大学院理学研究科 生物地球系専攻 特任助教
  • 2011/04 - 2012/03 東京大学 生物生産工学研究センター 特任研究員
受賞 (4件):
  • 2018/05/17 - 日本植物学会 2018年度JPR論文賞 Most-Cited Paper 賞 Identification of Arabidopsis thaliana NRT1/PTR FAMILY (NPF) proteins capable of transporting plant hormones.
  • 2017/10 - 一般社団法人 植物化学調節学会 植物化学調節学会奨励賞 ジャスモン酸類の蓄積制御と生理作用発現機構に関する研究
  • 2015/10 - 一般社団法人 植物化学調節学会 植物化学調節学会第49回大会ポスター賞 ソラマメ葉におけるアブシシン酸の一細胞分析
  • 2012/10 - 一般社団法人 植物化学調節学会 植物化学調節学会第47回大会ポスター賞 イネの根の病害抵抗性発現におけるジャスモン酸の役割
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る