{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602009915359005   整理番号:58A0046661

脂肪酸化防止剤類の作用の逆転 I 酸化防止剤に対する動物性脂肪と植物性脂肪の作用の比較

UEber die Wirkungsinversion bei Fett-Antioxygenen. I. Mitteilung. Vergleich zwischen dem Verha1ten tierischer und pflanzlicher Fette gegenueber Antioxygenen.
著者 (2件):
資料名:
巻: 108  号:ページ: 317 - 322  発行年: 1958年
JST資料番号: E0437A  ISSN: 1431-4630  CODEN: ZLUFAR  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
フェノール性酸化防止剤を動物性脂肪に添加すると添加量が多い程酸化を防止するがある濃度以上になると逆に減少する 植物性脂肪は既に多量の天然の酸化防止剤を含有し天然物と添加物の合計量の作用について計算すれば動物脂肪と根本的差はたい
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る