{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602016438798839   整理番号:58A0021659

ゼラチン化された乳濁液 XVI 乳化へ中性無機塩がおよぼす影響。乳化剤-沈殿 (拮抗)剤

Желатинированные эмульсии. 16. Влияние нейтральных неорганических солей на эмульгирование. Эмульгаторы-антагонисты.
著者 (1件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 546-549  発行年: 1958年
JST資料番号: R0057A  ISSN: 0023-2912  CODEN: KOZHA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
油中水または水中油乳濁液製造に関するアルカリせっけんにおよぼす中性塩の作用。親水性せっけんと親油性せっけんの等モルはお互の乳化剤としての作用を相殺し過剰の分のみが安定剤として作用する

前のページに戻る