{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602206724574003   整理番号:16A0378789

低コスト・省力化,軽労化技術等の開発-自給飼料を基盤とした国産畜産物の高付加価値化技術の開発(牛)-第3編 自給飼料多給による高付加価値牛肉・牛乳生産技術の開発 第5章 放牧と国産飼料多給を組み合わせた高付加価値放牧牛肉の安定生産技術の開発 5 放牧+自給飼料主体で生産された牛肉の理化学特性と香りの制御

著者 (4件):
資料名:
号: 547  ページ: 265-271  発行年: 2016年03月31日
JST資料番号: S0070A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
抗酸化物質であるビタミンEは和牛の香りとして重視されている一部のラクトン類の生成を抑制する。一方,ビタミンEは脂質過酸化により生成する不快臭の原因物質に対しても抑制作用があるため,脂肪交雑を望まない放牧肥育においては積極的に利用することが望ましい。放牧牛肉ではテルペノイド類が有意に高い値で検出される。おそらく脂肪の香りを官能的に識別できるのは本物質によるものと考えられるが,本香りに対する好みについては意見が分かれる。本研究の過程で,貯蔵により揮発性物質の揮発力が高まることが新たに見いだされた。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
牛  ,  飼養管理  ,  生肉の品質と処理 
タイトルに関連する用語 (17件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る