{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602208310001705   整理番号:16A0213523

認知症を有する術後急性期患者における看護師の4点柵実施の判断に関連する要因

Factors Related to the Decision of Nurses to Use 4-point Bed-railing Restraints for Post-operative Acute Patients with Dementia
著者 (3件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 57-67  発行年: 2016年01月31日
JST資料番号: L4641A  ISSN: 1346-9665  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
【目的】認知症の診断を受けている術後急性期患者に対して,看護...
   続きはJDreamIII(有料)にて  {{ this.onShowAbsJLink("テキストリンク | 文献 | JA | PC", "JDreamIII(抄録)", "http://jdream3.com/lp/jglobal/index.html?docNo=16A0213523&from=J-GLOBAL&jstjournalNo=L4641A") }}
引用文献 (18件):

前のページに戻る