{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602210465092990   整理番号:16A0232099

尿細管細胞のmiRNAのプロファイル:腎臓損傷の診断

miRNA Profiles of Tubular Cells: Diagnosis of Kidney Injury
著者 (5件):
資料名:
巻: 2015  号: Molecular Biology  ページ: 465479 (WEB ONLY)  発行年: 2015年
JST資料番号: U7008A  ISSN: 2314-6133  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
マイクロRNA(miRNA)は,遺伝子発現を調節する18~23のヌクレオチドの小さな非コードRNAである。最近種々の的及び病理学的条件に対するバイオマーカーとして血漿中miRNAが検討されている。本研究では,管状組織の保存されたmiRNA発現の詳細を明らかにし,これらが近位尿細管損傷,急性腎臓損傷(AKI)診断と初期の腎尿細管機能障害とを区別するのに利用できるかどうかを検討した。miRNA発現はmiRNAアレイ及びTaqManシステムを用いる逆転写PCR法で評価した。腎臓,肺,小腸及び種々の外分泌腺などのヒト及びラット管状組織におけるmiR-200a/b/c,miR-145,miR-192,miR-194,miR-216a/b及びmiR-449aの発現プロフィルは,管状組織を識別するのに適切であった。腎臓においてmiR-192とmiR-194は高度に発現しており,miR-145とmiR-449aは存在しなかった。miR-145とmiR-449aは,各々小腸と肺で相対的かつ特異的に発現した。従って血漿中のmiR-200a/b/c,miR-192及びmiR-194の組み合わせた濃度測定は,マウスにおける接触凍結法によって誘導されるAKI診断において極めて有用であった。更に尿中miR-200a濃度は,高塩投与したDahl塩感受性ラットにおける尿細管の腎尿細管機能障害診断に有用であった。以上の結果からmiRNA発現プロファイルは種々の腎臓損傷の同定のためのバイオマーカーとして有用であることが示唆された。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
生物学的機能  ,  腎臓  ,  基礎診断学 

前のページに戻る