{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602230552570158   整理番号:16A1172201

元素ブロック高分子材料~高機能材料への新コンセプト~異種金属結合による元素ブロック多核錯体の一次元配列

著者 (1件):
資料名:
巻: 51  号: 11  ページ: 748-751  発行年: 2016年11月01日
JST資料番号: S0291A  ISSN: 0009-031X  CODEN: SERAA7  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
近年,錯体科学の分野では,集積型金属錯体という概念が浸透し,金属錯体の中心金属の物性だけでなく,金属-配位子間の電荷移動を伴う共同的な固体物性発現を目指して,金属錯体を固体中で集積化させてきた。一方,筆者らは,金属原子を-金属-金属-金属-と繋ぎあわせ,これまでの-金属-有機物-金属-と並んだ集積型錯体とは異なる物性発現を目指してきた。本稿では,異種金属結合を用いた金属の一次元集積化法について,その考え方と具体例を解説した。まず,異種金属一次元鎖錯体の合成について説明した。元素ブロックの概念の下,あらかじめフロンティア電子軌道を整備した2種類の元素ブロック多核錯体を準備し,このHOMO-LUMO相互作用を用いれば,様々な一次元鎖錯体が合成できる。次に,前述の具体例として異種金属一次元鎖錯体の物性(Rh+,Pd2+,Ir+,Pt2+のd8金属錯体で生成した異種金属鎖錯体のバンド構造)の制御について解説した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
白金族元素の錯体  ,  遷移金属元素(鉄族元素を除く)の錯体の結晶構造  ,  有機化合物の磁性 
引用文献 (14件):
もっと見る

前のページに戻る