{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201602270934238242   整理番号:16A0713261

Me2AlClに媒介されたインドール類のカルボキシル化とエトキシカルボニル化とカルバモイル化

Me2AlCl-mediated carboxylation, ethoxycarbonylation, and carbamoylation of indoles
著者 (9件):
資料名:
巻: 72  号:ページ: 734-745  発行年: 2016年02月04日
JST資料番号: E0234A  ISSN: 0040-4020  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
良好から優れた収率で1-置換型インドール-3-カルボン酸類を合成するために,1.0モル当量のMe2AlClの存在下,CO2圧(3.0MPa)中で,種々の1-メチル-,1-トリイソプロピルシリル-および1-ベンジルインドール類をカルボキシル化した。反応機構の研究から,基質へのMe2AlClの求電子付加と,これにより生じる付加物の脱プロトン化により中間体のインドール-3-イルアルミニウム酸錯体が可逆的に生成することを示唆した。本方法は,エチルクロロギ酸塩とのアルコキシカルボニル化およびナフタレン-1-イルイソシアン酸とのカルバモイル化によるそれぞれエチルインドール-3-カルボキシラートとN-ナフタレン-1-イルインドール-3-カルボキサミドの合成に成功裏に拡張した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

著者キーワード (5件):
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
有機第13族元素化合物  ,  ピロールの縮合誘導体  ,  付加反応,脱離反応 
物質索引 (16件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る