{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602272823626085   整理番号:16A0521597

下刈省略による再生植生タイプとスギ植栽木の初期成長への影響

著者 (7件):
資料名:
号: 69  ページ: 103-105  発行年: 2016年03月31日
JST資料番号: L2396A  ISSN: 1347-0779  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
スギを植栽した10ヶ所の水源林造成事業地を利用して,下刈を省略(無下地区)したときの再生植生の発達と植栽木の成長への影響を調査した。植栽2年目の無下刈区の再生植生は,出現種の乗算優占度を使ったクラスター分類によって,ススキが優占して乗算優占度の高いススキ型,ススキ・高木型と,乗算優占度の低い非ススキ型の3タイプに区分された。無下刈区の乗算優占度が高いほど,通常の下刈を行った下刈区のスギの4年時の樹高が高かった。無下刈区の乗算優占度もしくは再生植生タイプはスギに対する被圧強度を示すとともに,下刈した場合のスギの成長指標となる可能性がある。無下刈区ではスギの成長が抑制されたが,樹高成長よりも地際の直径成長への影響が大きく,下刈区に比べて形状比は高くなった。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
森林保育  ,  森林植物学 
引用文献 (13件):
  • 平山和広(2012)季刊森林総研16:19.
  • 猪上信義ほか(2007)福岡県森林研報8:37-58.
  • 鹿又秀聡(2014)木材情報283:13-16.
  • 金城智之ほか(2012)九州森林研究65:24-27.
  • 沼田真編(1974)生態学辞典467pp,築地書館,東京.
もっと見る

前のページに戻る