研究者
J-GLOBAL ID:201701001193869510   更新日: 2020年07月30日

平野 亜也子

ヒラノ アヤコ | AYAKO HIRANO
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 外国語教育
研究キーワード (3件): 第二言語習得 ,  英語教育 ,  心理言語学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2020 - 2023 統語的プライミングを利用したペアタスクのL2関係節文理解における促進効果と持続性
  • 2017 - 2021 統語的プライミング効果を利用したタスクは長期的にL2文理解と産出を促進するか?
論文 (10件):
  • 橋本健一, 鳴海智之, 籔内 智, 里井久輝, 濱田真由, 平野亜也子, 兵頭佳央理, 坂東美智子, 原田康也, 横川博一. 文構造親密度が日本人英語学習者の文理解処理に与える影響 ~ 相対的文構造親密度に関する一考察~. 電子情報通信学会技術研究報告. 2017. 117. 341. 43-48
  • 平野亜也子, 横川博一. 繰り返し接触が日本人英語学習者の関係節文理解に及ぼす影響 ~ 処理促進効果及びその持続性の検証 ~. 電子情報通信学会技術研究報告. 2017. 117. 341. 49-54
  • 横川博一, 籔内 智, 里井久輝, 坂東美智子, 鳴海智之, 橋本健一, 濱田真由, 平野亜也子, 原田康也. Building a Database of Sentence Construction Familiarity of Japanese EFL Learners: Pilot Study. 電子情報通信学会技術研究報告. 2017. 117. 57-62
  • Ayako Hirano, Tsukasa Yamanaka. Autonomous Learning Derived from Learners’ “RITA” (i.e., Sense of Communicative Supportiveness). The International Journal of Interdisciplinary Social Sciences: Annual Review. 2017. 12. 1-11
  • How Animacy Information Affects Syntactic, Semantic Structure Construction in, Sentence Comprehension, Psycholinguistic Experiments on Relative Clauses, Passives. How Animacy Information Affects Syntactic and Semantic Structure Construction in L2 Sentence Comprehension: Psycholinguistic Experiments on Relative Clauses and Passives. Language Education & Technology. 2017. 54. 83-112
もっと見る
書籍 (4件):
  • Japanese EFL learners' meaning-syntax mapping mechanisms for English sentence comprehension : evidence from a psycholinguistic investigation
    どりむ社 2020 ISBN:9784925155908
  • 比較文化の語らい
    英光社 2018 ISBN:9784870971851
  • 比較文化論叢-異文化の懸け橋-
    英光社 2017
  • 「 極北の地にて」と「老人たちの結束」に見られる文明の皮肉」、 『ジャックロンドン讃歌』
    明文書房 2009
講演・口頭発表等 (14件):
  • Effects of Experience-based Learning on Japanese L2 Learners’ Relative Clause Processing: Evidence from Self-paced Reading
    (EuroSLA29 2019)
  • どのような選択英語科目に大学生は興味を示すのかー質問紙調査による分析
    (全国英語教育学会 第45回 弘前研究大会 2019)
  • Effects of Two-Types of Pre-Task Before Dictogloss on the Reconstructed Texts
    (54th RELC International Conference and 5th Asia-Pacific LSP and Professional Communication Association Conference 2019)
  • Japanese L2-English readers’ and listeners’ mapping processing of thematic roles to syntactic functions during on-line sentence comprehension: A psycholinguistic study.
    (EuroSLA 28 2018)
  • 日本人EFL学習者の英文理解における意味と統語とのマッピング-心理言語学実験による検討-
    (JACET英語語彙・英語辞書・リーディング研究会合同研究会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 2018 神戸大学 大学院 国際文化学研究科 グローバル文化専攻
  • - 2013 関西大学 大学院 外国語教育学 外国語教育学
学位 (2件):
  • 外国語教育 修士 (関西大学)
  • 学術博士 (神戸大学)
経歴 (6件):
  • 2019/04 - 現在 京都産業大学 准教授
  • 2017/04 - 2019/03 立命館大学 情報理工学部情報理工学科 講師
  • 2015/04/01 - 2017/03/31 立命館大学 言語教育センター 嘱託英語講師
  • 2014/04/01 - 2015/03/31 立命館大学 生命科学部 英語非常勤講師
  • 2013/04/01 - 2015/03/31 京都産業大学 常勤英語講師
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2020/06 - 関西英語教育学会 幹事
所属学会 (5件):
ことばの科学会 ,  大学英語教育学会 ,  関西英語教育学会 ,  外国語教育メディア学会 ,  全国英語教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る