研究者
J-GLOBAL ID:201701004764493539   更新日: 2024年01月22日

三輪 雅史

ミワ マサフミ | MIWA Masafumi
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (1件): 動物生産科学
研究キーワード (2件): 生体センシング ,  反芻家畜
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2021 - 2024 赤外線サーモグラフィーと深層学習を用いたウシ分娩予知技術の開発
  • 2017 - 2020 AIを活用した呼吸器病・消化器病・周産期疾病の 早期発見技術の開発
  • 2016 - 2017 家畜の簡易な脳波測定法及び解析法の開発とストレス評価への利用可能性の検討
論文 (15件):
  • Shogo Higaki, Yoshitaka Matsui, Masafumi Miwa, Takashi Yamamura, Takuo Hojo, Koji Yoshioka, Alysia Vang, Ariana Negreiro, João R.R. Dórea. Leveraging computer vision-based pose estimation technique in dairy cows for objective mobility analysis and scoring system. Computers and Electronics in Agriculture. 2024. 217. 108573
  • 広岡博之, 三輪雅史, 兒嶋朋貴. システムアプローチと精密畜産技術の融合研究の可能性 -特に放牧家畜のエネルギー代謝を例として-. 日本畜産学会報. 2023. 94. 2. 169-183
  • Satoshi Haga, Yutaka Suzuki, Masafumi Miwa, Kaiyu Kubota, Miki Sakatani. Changes in immunoglobulin A and immunoglobulin G concentrations in the saliva of Japanese Black beef cows during calving: A pilot study. Animal Science Journal. 2022. 93. 1
  • Kaiyu KUBOTA, Masafumi MIWA, Ken-Go HAYASHI, Misa HOSOE, Miki SAKATANI. Steroidal but not embryonic regulation of mucin 1 expression in bovine endometrium. Journal of Reproduction and Development. 2021. 67. 6. 386-391
  • Miki Sakatani, Rie Sawado, Masafumi Miwa, Takuo Hojo, Masahito Tanaka, Naoki Takenouchi. Vaginal temperature before calving assessed with wireless vaginal temperature sensor in dairy and beef cattle. Theriogenology. 2021. 172. 230-238
もっと見る
MISC (2件):
  • 三輪雅史, 久保田海雄, 阪谷美樹. <技術情報>体温測定によるウシ分娩予測技術の現状と機械学習導入による改良. 畜産技術. 2023. 821. 18-23
  • 三輪雅史. ウェアラブルセンサを活用した省力的な牛繁殖管理 牛尾根部腹側体表温の測定による分娩予知技術. 日本政策金融公庫 技術の窓. 2021. No. 2470
特許 (1件):
講演・口頭発表等 (29件):
  • The effect of the supplementation of type III antifreeze protein on cryotolerance of bovine in vitroproduced blastocysts
    (50th IETS Annual Conference 2024)
  • ホルスタイン種における分娩前腟温変化と後産排出時間の関係
    (第116回日本繁殖生物学会大会 2023)
  • 赤外線サーモグラフィー画像からのウシの眼球座標検出方法の検討
    (日本畜産学会第131回大会 2023)
  • 牛飼養管理への画像解析技術の導入(初学者編)
    (日本草地学会若手の会 夏合宿2022 in バーチャル空間3「GIS・ドローン・AIを活用した研究事例紹介」 2022)
  • 機械学習による黒毛和種繁殖雌牛の分娩予測技術の改良
    (日本畜産学会第130回大会 2022)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(農学) (京都大学)
経歴 (6件):
  • 2021/04 - 現在 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門 高度飼養技術研究領域 繁殖システムグループ 研究員
  • 2020/04 - 2021/03 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門草地利用研究領域/農業情報研究センター農業AI研究推進室(併任) 研究員
  • 2020/01 - 2020/03 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門草地利用研究領域/農業情報研究センター農業AI研究推進室(併任) 任期付研究員
  • 2018/07 - 2019/12 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門 草地利用研究領域 任期付研究員
  • 2017/04 - 2018/06 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 畜産研究部門 飼養管理技術研究領域 任期付研究員
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2021/06 - 現在 システム農学会 企画委員
  • 2019/06 - 現在 文部科学省科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター 専門調査員
受賞 (2件):
  • 2012/10 - JSAS 第15 回AAAP 大会プレゼンテーションアワード
  • 2012/05 - システム農学会 北村賞 放牧条件下におけるウシの心拍数と3軸動的体加速度(ODBA)との関係解析
所属学会 (4件):
システム農学会 ,  日本繁殖生物学会 ,  日本畜産学会 ,  動物の行動と管理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る