研究者
J-GLOBAL ID:201701008241269959   更新日: 2021年07月27日

高山 太輔

タカヤマ タイスケ | TAKAYAMA Taisuke
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/site/takayamataisuke0923/
研究分野 (1件): 食料農業経済
研究キーワード (1件): 農業経済学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2017 - 2020 戦間期・戦時体制期・戦後改革期における農家の経済行動に関する実証研究
  • 2014 - 2016 土地改良事業による農村地域活性化に関する実証研究
  • 2012 - 2014 計量経済学的手法による農業政策評価に関する研究
論文 (19件):
もっと見る
MISC (11件):
  • TAKAYAMA, Taisuke, Hirotaka MATSUDA, Tomoaki NAKATANI, Kuniaki SAITO. Do partial land rights increase productivity and investment? Evidence from the redistributive land reform in post-World War II Japan. mimeo. 2021
  • 高山 太輔. 農業・農村政策における差の差分析の適用 : 中山間地域等直接支払制度を事例として (特集 農村計画課題に迫る研究手法を磨く). 農村計画学会誌 = Journal of rural planning. 2020. 39. 3. 290-293
  • Taisuke TAKAYAMA, Tomoaki NAKATANI, Tetsuji SENDA, Takeshi FUJIE. Geographical Indications, Farm Survival, and Farm Size: The Impact of Region-of-Origin Labelling of Japanese Rice. mimeo. 2019
  • 高山 太輔. 地域再生は農山村をどう変えているか : 農業集落・地域資源の動向 (特集 数字でつかむ日本の農業 : センサスにみる構造変化) -- (農業・農村の構造はどう変わったか). 農業と経済. 2017. 83. 5. 50-60
  • TAKAYAMA TAISUKE, NAKATANI TOMOAKI. Do Farmland Consolidation Projects Accumulate Social Capital? Evidence from Paddy Areas of Hokkaido in Japan. 明海大学経済学論集 = Meikai University the Faculty of Economics, Meikai economic review. 2017. 29. 1. 1-11
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2007 - 2010 北海道大学大学院 (博士後期課程)
  • 2005 - 2007 北海道大学大学院 (修士課程)
  • 2001 - 2005 北海道大学
学位 (1件):
  • 博士(農学) (北海道大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 福島大学 食農学類 准教授
  • 2011/04 - 2019/03 明海大学 経済学部 専任講師
  • 2017/04 - 2018/03 農林水産省 農林水産政策研究所 依頼研究員
  • 2010/04 - 2011/03 北海道大学農学院 専門研究員
所属学会 (7件):
北海道農業経済学会 ,  農村計画学会 ,  日本農業経済学会 ,  日本経済学会 ,  International Association of Agricultural Economists ,  Agricultural & Applied Economics Association ,  東北農業経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る