研究者
J-GLOBAL ID:201701010556162774   更新日: 2021年09月12日

遠藤 寿

エンドウ ヒサシ | Endo Hisashi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://cls.kuicr.kyoto-u.ac.jp/en_member/hisashi-endo/
研究分野 (3件): 環境動態解析 ,  水圏生命科学 ,  生態学、環境学
研究キーワード (4件): 微生物海洋学 ,  バイオインフォマティクス ,  生物多様性 ,  微生物生態学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2022 熱帯・亜熱帯域から極域までの全球海洋観測から明らかにする海洋窒素固定の統合的理解
  • 2019 - 2022 海洋植物プランクトンの多種共存が生態系機能に与える影響の実験的解明
論文 (34件):
  • Jun Xia, Sohiko Kameyama, Florian Prodinger, Takashi Yoshida, Kyoung-Ho Cho, Jinyoung Jung, Sung-Ho Kang, Eun-Jin Yang, Hiroyuki Ogata, Hisashi Endo. Tight association between microbial eukaryote and Imitervirales communities in the Pacific Arctic Ocean. 2021
  • Soichiro Kijima, Tom O. Delmont, Urara Miyazaki, Morgan Gaia, Hisashi Endo, Hiroyuki Ogata. Discovery of Viral Myosin Genes With Complex Evolutionary History Within Plankton. Frontiers in Microbiology. 2021. 12
  • Shunyan Cheung, Jonathan P. Zehr, Xiaomin Xia, Chihiro Tsurumoto, Hisashi Endo, Shin-ichiro Nakaoka, Wingkwan Mak, Koji Suzuki, Hongbin Liu. Gamma4: a genetically versatile Gammaproteobacterial nifH phylotype that is widely distributed in the North Pacific Ocean. Environmental Microbiology. 2021
  • Lingjie Meng, Hisashi Endo, Romain Blanc-Mathieu, Samuel Chaffron, Rodrigo Hernández-Velázquez, Hiroto Kaneko, Hiroyuki Ogata, Hideyuki Tamaki. Quantitative Assessment of Nucleocytoplasmic Large DNA Virus and Host Interactions Predicted by Co-occurrence Analyses. mSphere. 2021. 6. 2
  • Janaina Rigonato, Marko Budinich, Alej, ro A. Murillo, Manoela C. Br, {\~{a } }o, Juan J. Pierella Karlusich, Yawouvi Dodji Soviadan, Ann C. Gregory, Hisashi Endo, et al. Insights into biotic and abiotic modulation of ocean mesopelagic communities. 2021
もっと見る
書籍 (3件):
  • メタゲノミクスを用いた大規模海洋調査
    海洋化学研究所 2019
  • 海洋プランクトンに対する海洋酸性化の影響(特集 海洋酸性化)
    生物研究社 2013
  • pCO2と鉄濃度の違いが夏季ベーリング海の植物プランクトン群集におけるSiとNの利用比に与える影響
    海洋出版株式会社 2011
講演・口頭発表等 (27件):
  • Pole-to-pole biogeography of marine giant viruses and their role in biogeochemical cycles
    (10th Aquatic Virus Workshop (AVW10) 2021)
  • 海洋巨大ウイルスの地理分布と物質循環における役割
    (北海道大学低温科学研究所 令和2年度共同利用研究集会「寒冷圏大気-海洋間の生物地球化学的相互作用に関する研究集会」 2021)
  • Biogeography of marine giant viruses reveals their interplay with eukaryotes and ecological functions
    (ISME Virtual Microbial Ecology Summit 2020)
  • Global biogeography of giant viruses highlights their interplay with eukaryotic community
    (日本海洋学会2019年秋季大会 2019)
  • Biogeography and diversity of phytoplankton and giant viruses in the ocean
    (中国海洋大学の大学生に向けた講義 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(環境科学) (北海道大学)
経歴 (2件):
  • 2017/05 - 現在 京都大学 化学研究所附属バイオインフォマティクスセンター 助教
  • 2013/04 - 2017/04 北海道大学 大学院地球環境科学研究院 博士研究員
受賞 (4件):
  • 2012/03 - 2011年度環境科学院 GCOE/RA成果発表会 優秀研究賞
  • 2010/11 - 第2回北海道大学サステナビリティ学生研究ポスターコンテスト 北海道大学総長賞
  • 2010/03 - 沼口賞
  • 2010/03 - 2009年度北海道大学地球化学優秀修士論文賞(角皆賞)
所属学会 (5件):
日本バイオインフォマティクス学会 ,  Association for the Sciences of Limnology and Oceanography ,  日本光合成学会 ,  日本微生物生態学会 ,  日本海洋学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る