研究者
J-GLOBAL ID:201701011321656938   更新日: 2021年09月04日

室岡 健志

ムロオカ タケシ | Takeshi Murooka
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/site/takeshimurookaweb/
研究分野 (1件): 理論経済学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2023 契約と組織の先端的経済分析
  • 2020 - 2022 行動経済理論およびその市場分析への応用
  • 2019 - 2022 情報と契約の行動経済理論分析
  • 2017 - 2021 行動産業組織論 : ナイーブな個人が存在する場合における市場分析
  • 2018 - 2020 Market Competition and Informal Incentives
全件表示
論文 (11件):
  • Koszegi B, Loewenstein G, Murooka T. Fragile Self-Esteem. Review of Economic Studies. 2021
  • 消費者保護政策の経済分析と行動経済学. 行動経済学. 2020. 13. 105-109
  • Murooka T, Schwarz M.A. Consumer Exploitation and Notice Periods. ECONOMICS LETTERS. 2019. 174. 89-92
  • Takeshi Murooka, Marco A. Schwarz. The timing of choice-enhancing policies. Journal of Public Economics. 2018. 157. 27-40
  • Paul Heidhues, Botond Koszegi, Takeshi Murooka. Inferior Products and Profitable Deception. REVIEW OF ECONOMIC STUDIES. 2017. 84. 1. 323-356
もっと見る
書籍 (1件):
  • "Deception and Consumer Protection in Competitive Markets," book chapter in The Pros and Cons of Consumer Protection
    Stockholm: Swedish Competition Authority 2012
学歴 (3件):
  • - 2014 University of California, Berkeley
  • - 2009 東京大学 経済理論専攻
  • - 2007 筑波大学 経済学主専攻
学位 (1件):
  • Ph.D. in Economics (University of California, Berkeley)
経歴 (2件):
  • 2017/07/01 - 現在 大阪大学 国際公共政策研究科 国際公共政策専攻 准教授
  • 2017/04/01 - 2017/06/30 大阪大学 国際公共政策研究科 国際公共政策専攻 講師
受賞 (3件):
  • 2019/11 - 行動経済学会 ヤフー株式会社コマースカンパニー金融統括本部 優秀論文賞
  • 2019/06 - Oxford University Press Highly Cited Articles of 2017-2018, Review of Economic Studies
  • 2018/11 - 大阪大学 大阪大学賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る