研究者
J-GLOBAL ID:201701011435545060   更新日: 2021年06月08日

廣江 綾香

Hiroe Ayaka
研究キーワード (4件): バイオプラスチック ,  バイオプロセス ,  バイオマス利活用 ,  バイオインフォマティクス
論文 (22件):
MISC (3件):
書籍 (3件):
  • Chapter 8: Microbial Polyhydroxyalkanoates (PHAs): From Synthetic Biology to Industrialization
    Wiley 2020
  • Synthesis of Polyesters III: Acyltrasferase as a Catalyst
    Springer 2019
  • 3HB-based copolymers and unusual PHA homopolymers
    Bentham Science Publishers 2016
講演・口頭発表等 (15件):
  • モノマー組成制御された乳酸ベースオリゴマーの分泌生産
    (2018年日本農芸化学会 2018)
  • PHA (polyhydroxyalkanoates) を巡る研究の最前線と新たな展開
    (日本農芸化学会北海道支部講演会 2017)
  • Biosynthesis of medium chain length homo polyhydroxyalkanoate from plant biomass(植物バイオマスから中鎖ホモPHAの生合成)
    (The 5th International Conference on Biobased Polymers 2015)
  • バイオポリエステル:ポリヒドロキシアルカン酸の超高分子量化はなぜ起こるのか?
    (フロンティア化学教育研究センター講演会 2015)
  • 中鎖PHAホモポリマーの生合成と高生産化
    (第66回日本生物工学会 2014)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る