研究者
J-GLOBAL ID:201701012551459879   更新日: 2020年09月01日

稲葉 弘哲

イナバ ヒロノリ | Inaba Hironori
ホームページURL (1件): http://www.tmd.ac.jp/cbio/index.html
研究分野 (1件): 細胞生物学
研究キーワード (2件): 光遺伝学 ,  細胞生物学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2019 RAC1光スイッチによるアクチン重合・分岐の急速凍結クライオ電子線トモグラフィー
  • 2018 - 2019 シグナル分子の光操作による上皮細胞集団遊走機構の解析
  • ホスホリパーゼCεによる一次線毛退縮制御機構の解明
論文 (4件):
  • Hironori Inaba, Daishi Yamakawa, Yasuko Tomono, Atsushi Enomoto, Shinji Mii, Kousuke Kasahara, Hidemasa Goto, Masaki Inagaki. Regulation of keratin 5/14 intermediate filaments by CDK1, Aurora-B, and Rho-kinase. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2018. 498. 3. 544-550
  • Hironori Inaba, Koji Yoda, Hiroyuki Adachi. The F-actin-binding RapGEF GflB is required for efficient macropinocytosis in Dictyostelium. Journal of Cell Science. 2017. 130. 18. 3158-3172
  • Hironori Inaba, Hidemasa Goto, Kousuke Kasahara, Kanako Kumamoto, Shigenobu Yonemura, Akihito Inoko, Shotaro Yamano, Hideki Wanibuchi, Dongwei He, Naoki Goshima, et al. Ndel1 suppresses ciliogenesis in proliferating cells by regulating the trichoplein-Aurora A pathway. Journal of Cell Biology. 2016. 212. 4. 409-423
  • Hiroyuki Makihara, Hironori Inaba, Atsushi Enomoto, Hiroki Tanaka, Yasuko Tomono, Kaori Ushida, Mitsuo Goto, Kenichi Kurita, Yoshihiro Nishida, Kousuke Kasahara, et al. Desmin phosphorylation by Cdk1 is required for efficient separation of desmin intermediate filaments in mitosis and detected in murine embryonic/newborn muscle and human rhabdomyosarcoma tissues. Biochemical and Biophysical Research Communications. 2016. 478. 3. 1323-1329
MISC (1件):
  • Hidemasa Goto, Hironori Inaba, Masaki Inagaki. Mechanisms of ciliogenesis suppression in dividing cells. Cell. Mol. Life Sci. 2017. 74. 5. 881-890
書籍 (1件):
  • Encyclopedia of Signaling Molecule 2nd edition
    Springer 2018 ISBN:9783319671994
講演・口頭発表等 (20件):
  • 光遺伝学を用いた低分子量Gタンパク質によるPLCε活性制御機構の解析
    (第72回日本細胞生物学会大会 2020)
  • 光遺伝学を使ったRhoAによる細胞内カルシウムシグナル制御の解析
    (第19回日本蛋白質科学会年会・第71回日本細胞生物学会大会 合同年次大会 2019)
  • CDK1によるケラチン5のリン酸化が皮膚基底層上皮細胞の細胞分裂に必要である
    (日本細胞生物学会大会講演要旨集 2017)
  • Ndel1はtrichoplein-AuroraA経路の制御によって増殖細胞の線毛形成を抑制する
    (第75回日本癌学会学術総会 2016)
  • Ndel1は増殖細胞において一次線毛形成を抑制する
    (第68回日本細胞生物学会大会 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2008 - 2013 東京大学 応用生命工学専攻
  • 2004 - 2008 東京大学 生命化学専修
学位 (1件):
  • 博士(農学)
経歴 (3件):
  • 2018/04/01 - 現在 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 細胞生物学 助教
  • 2017/01/01 - 2018/03/31 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 生体支持組織学講座 細胞生物学 助教
  • 2013/04/01 - 2016/12/31 愛知県がんセンター研究所 腫瘍医化学部 リサーチレジデント
受賞 (2件):
  • 2017/08 - 平成29年度学長裁量優秀若手研究者奨励賞(稲葉弘哲)
  • 2017/02 - 東京医科歯科大学脳統合機能研究センター 第9回CBIR+ONSA共催若手インスパイアシンポジウム優秀賞(稲葉弘哲)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る