研究者
J-GLOBAL ID:201701013701704890   更新日: 2021年06月26日

岡野 憲司

オカノ ケンジ | Okano Kenji
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): バイオ機能応用、バイオプロセス工学
研究キーワード (4件): 酵素工学 ,  培養工学 ,  生物化学工学 ,  合成生物工学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2019 - 2022 進化分子工学の可能性を無限大にするコドンのランダム置換・InDel法の開発
  • 2017 - 2022 PEP蓄積シャーシ株の創製と物質生産技術の開発
  • 2019 - 2021 メタノールをメチル基供与体としたS-アデノシルメチオニン再生技術の開発
  • 2016 - 2019 木質系バイオマスからの芳香族ポリマー原料生産を志向した工業用乳酸菌の創生
  • 2015 - 2019 耐熱性酵素を用いたL-システイン製造技術の開発
全件表示
論文 (51件):
  • Kenji Okano, Yu Sato, Tatsuya Hizume, Kohsuke Honda. Genome editing by miniature CRISPR/Cas12f1 enzyme in Escherichia coli. Journal of Bioscience and Bioengineering. 2021
  • Gladwin Suryatin Alim, Tomoka Iwatani, Kenji Okano, Shigeru Kitani, Kohsuke Honda. In vitro production of coenzyme A using thermophilic enzymes. Applied and Environmental Microbiology. 2021
  • Ilma Fauziah Ma’ruf, Yuka Sasaki, Anastasia Kerbs, Jochen Nießer, Yu Sato, Hironori Taniguchi, Kenji Okano, Shigeru Kitani, Elvi Restiawaty, Akhmaloka, et al. Heterologous gene expression and characterization of two serine hydroxymethyltransferases from Thermoplasma acidophilum. Extremophiles. 2021
  • Suchada Chanprateep Napathorn, Sirirat Visetkoop, Onruthai Pinyakong, Kenji Okano, Kohsuke Honda. Polyhydroxybutyrate (PHB) Production Using an Arabinose-Inducible Expression System in Comparison With Cold Shock Inducible Expression System in Escherichia coli. Frontiers in bioengineering and biotechnology. 2021. 9. 661096-661096
  • Kenji Okano, Yu Sato, Shota Inoue, Shizuka Kawakami, Shigeru Kitani, Kohsuke Honda. Enhancement of S-Adenosylmethionine-Dependent Methylation by Integrating Methanol Metabolism with 5-Methyl-Tetrahydrofolate Formation in Escherichia coli. Catalysts. 2020. 10. 9. 1001-1001
もっと見る
MISC (13件):
もっと見る
特許 (2件):
書籍 (7件):
  • 改訂増補版 実践有用微生物培養のイロハ-試験管から工業スケールまで
    エヌ・ティー・エス 2018 ISBN:486043563X
  • Phosphorus recovery and recycling
    Springer Nature Singapore 2018 ISBN:9789811080302
  • 酵母菌・麹菌・乳酸菌の産業応用展開 (バイオテクノロジーシリーズ)
    シーエムシー出版 2018 ISBN:4781313175
  • リンの事典
    朝倉書店 2017 ISBN:4254141041
  • Bioprocessing of Renewable Resources to Commodity Bioproducts
    Willey 2014 ISBN:9781118175835
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • In vitro metabolic engineering for the salvage synthesis of NAD+
    (YABEC2017 2017)
  • Production of optically pure D-lactic acid from renewable resources
    (The 8th China-Japan symposium on chemical engineering 2017)
  • Production of optically pure D-lactic acid from renewable resources
    (12th International Symposium on Lactic Acid Bacteria 2017)
  • Production of optically pure D-lactic acid from renewable resources
    (YABEC 2016 2016)
  • バイオマスからの乳酸生産のための乳酸菌育種
    (スマートバイオエンジニアリング研究会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2009 神戸大学 分子物質科学専攻
  • 2004 - 2006 神戸大学 応用化学専攻
  • 2000 - 2004 神戸大学 応用化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (神戸大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 大阪大学 生物工学国際交流センター 助教
  • 2011/11 - 2020/03 大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻 助教
  • 2011/04 - 2011/11 大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻 特任助教
  • 2009/04 - 2011/03 日本水産株式会社 中央研究所 研究員
  • 2006/04 - 2009/03 神戸大学大学院自然科学研究科博士後期課程 分子物質科学専攻
全件表示
受賞 (2件):
  • 2015/10 - 日本生物工学会 第23回生物工学論文賞 Directed evolution of thermotolerant malic enzyme for improved malate production
  • 2014/11 - Young Asian Biological Engineers' Community Best Poster Award In vitro metabolic engineering employing thermophilic enzymes -a novel, simple technology for designing a chimeric metabolic pathway
所属学会 (5件):
酵素工学研究会 ,  日本乳酸菌学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本生物工学会 ,  化学工学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る