研究者
J-GLOBAL ID:201701019305621858   更新日: 2020年09月01日

光武 尚史

ミツタケ タカフミ | Mitsutake Takafumi
所属機関・部署:
職名: 助教
論文 (29件):
  • Morinaga Y, Nii K, Hanada H, Sakamoto K, Inoue R, Mitsutake T. Efficacy of trazodone for treating paroxysmal sympathetic hyperactivity presenting after left temporal subcortical hemorrhage. Intractable Rare Dis Res. 2020. 9. 2. 119-122
  • Morinaga Y, Nii K, Sakamoto K, Inoue R, Mitsutake T, Hanada H. Successful early diagnosis and treatment of non-convulsive status epilepticus-induced Takotsubo syndrome. Intractable Rare Dis Res. 2020. 9. 2. 123-125
  • 新居浩平, 東 登志夫, 花田迅貫, 井上律郎, 森永裕介, 光武尚史, 武村有祐, 髙木友博, 津川 潤, 栗原可南子, et al. 脳動脈解離(後方循環系)の診断とIVR~椎骨動脈解離を中心に~. 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌. 2019. 34. 2. 120-128
  • 森永裕介, 新居浩平, 坂本王哉, 井上律郎, 光武尚史, 花田迅貫, 堤 正則. c-Myc転座とBcl-2蛋白発現を有するhigh grade B-cell lymphomaの急速進行例. 脳神経外科. 2019. 47. 11. 1179-1184
  • Nii K, Morinaga Y, Mitsutake T, Inoue R, Higashi T. Different Clopidogrel Response Elicited by Lansoprazole or Esomeprazole in Patients Undergoing Neurointervention with Dual Antiplatelet Therapy. Clin Drug Investig. 2019. 39. 10. 939-944
もっと見る
講演・口頭発表等 (10件):
  • 抗凝固薬服用中の軽症の外傷性頭蓋内出血における服薬管理の検討.
    (第76回日本脳神経外科学会学術総会 2018)
  • 未破裂脳動脈瘤に対するステント併用コイル塞栓術の急性期ステント内血栓症の検討.
    (第47回日本脳卒中の外科学会学術集会 2018)
  • ステント併用脳動脈瘤コイル塞栓術における術中の急性期ステント内血栓症の検討.
    (第33回 NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 2017)
  • 充実性小脳血管芽腫に 術前塞栓術を施行した1例
    (第33回JSNET総会 2017)
  • 複雑な内頚動脈後交通動脈分岐部動脈瘤に対するステント併用コイル塞栓術.
    (第76回日本脳神経外科学会学術総会 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 学士(医学) (ー)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る