研究者
J-GLOBAL ID:201701019643629864   更新日: 2021年03月24日

下田 佳奈

シモダ カナ | Shimoda Kana
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://university.luke.ac.jp/about/project/aamrc/about.html
研究分野 (1件): 生涯発達看護学
研究キーワード (9件): アフリカ ,  女性の権利 ,  Disrepect and Abuse ,  Respectful Maternity Care ,  ケアの質 ,  国際看護 ,  タンザニア ,  国際保健 ,  助産学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2023 周産期医療におけるダイバーシティフレンドリーヘルスケアプログラムの開発と評価
  • 2019 - 2022 タンザニアにおける施設分娩時の「軽蔑と虐待」削減のための教育プログラム開発と評価
  • 2018 - 2021 妊娠・分娩・新生児ケアの質改善を軸とした看護・助産リーダーの育成
  • 2017 - 2019 施設内分娩におけるケア提供者から女性への『軽蔑と虐待』尺度の開発 研究課題
  • 2015 - 2018 アジア・アフリカ圏の妊産婦・新生児死亡率減少のための助産人材育成モデルの開発
全件表示
論文 (14件):
  • Yoko Shimpuku, Frida E Madeni, Kana Shimoda, Satoe Miura, Beatrice Mwilike. Perceived differences on the role of traditional birth attendants in rural Tanzania: a qualitative study. BMC pregnancy and childbirth. 2021. 21. 1. 137-137
  • Kana Shimoda, Sebalda Leshabari, Shigeko Horiuchi. Self-reported disrespect and abuse by nurses and midwives during childbirth in Tanzania: a cross-sectional study. BMC Pregnancy and Childbirth. 2020. 20. 1
  • 五十嵐ゆかり, 岡美雪, 下田佳奈, 馬場香里, 大塚公美子, 丸田和美, 間宮万貴, 加藤雛子, 檀上明佳, 渡邊恵美里. 2019 Career and Life Plan Support Project (CLIP)実践報告 いろいろな国の同じこと・違うこと -いのちのはじまりから学んでみよう-. 聖路加国際大学紀要. 2020. 6. 30
  • Miyuki Oka, Yasuko Nagamatsu, Yenita Agus, Kana Shimoda, Sachiko Sakurai, Shigeko Horiuchi. Promoting a Modified Early Essential Newborn Care Program for Indonesian Midwives: A Feasibility Study. 聖路加国際大学紀要. 2020. 6. 30
  • Jeffrey Huffman, Mami Inoue, Kiyomi Asahara, Michiko Oguro, Nobuko Okubo, Maki Umeda, Tomoko Nagai, Junko Tashiro, Kaoru Nakajima, Mari Uriuda, et al. Learning experiences and identity development of Japanese nursing students through study abroad: a qualitative analysis. International journal of medical education. 2020. 11. 54-61
もっと見る
MISC (6件):
  • 飯田真理子, 江藤宏美, 片岡弥恵子, 宍戸恵理, 下田佳奈, 田所由利子, 馬場香里, 増澤祐子, 八重ゆかり. ワークショップ ガイドラインをどう実践に活かしていくか~実装研究(Implemental research)の活用~. 日本助産学会学術集会. 2019
  • Kana Shimoda, Mariko Iida. Respectful Maternity Care(RMC) Seminar in Tanzania. St. Luke’s International University, Tokyo Asia Africa Midwifery Research Center Newsletter. 2018
  • 齋藤あや, 下田佳奈, 川端愛, 堀内成子. わが国初の看護学速習プロフラム(学士3年次編入)の報告. 看護教育. 2018. 59. 10. 906-909
  • Kana Shimoda. Early Essential Newborn Care (EENC) Seminar in Indonesia. St. Luke’s International University, Tokyo Asia Africa Midwifery Research Center Newsletter. 2017
  • Yoko Shimpuku, Kana Shimoda. Activities between 2015-2016. St. Luke’s International University, Tokyo Asia Africa Midwifery Research Center Newsletter. 2016
もっと見る
書籍 (3件):
  • 実際に起こったトラブルから学ぶ!現場で役立つ外国人患者とのコミュニケーション 1,2,3
    丸善出版 2019
  • 母性看護 第2版 (パーフェクト臨床実習ガイド)
    照林社 2017 ISBN:4796524118
  • エビデンスをもとに答える妊産婦・授乳婦の疑問92
    南江堂 2015 ISBN:452426177X
講演・口頭発表等 (22件):
  • Assessing the impact of team-based learning on maternal and newborn nursing in accelerated Bachelor of Science in Nursing program
    (19th Annual Team-Based Learning Collaborative Meeting 2020)
  • 学部4年次『チームチャレンジ実習』が 新人看護師への移行にもたらす影響 :履修者の視点から
    (第14回聖ルカ・アカデミア 2020)
  • The role-play workshop of Respectful Maternity Care in Tanzania: putting heads together to improve care during childbirth
    (the ICM Africa Regional Conference 2019 2019)
  • The Respectful Maternity Care workshop in Tanzania: gathering ideas to make changes
    (the ICM Africa Regional Conference 2019 2019)
  • A Brief Report on Changes in the Individual Accountability of Nursing Students through Peer Evaluation
    (18th Annual Team-Based Learning Collaborative Meeting 2019)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2017 - 聖路加国際大学大学院 博士後期課程
学位 (1件):
  • 博士(看護学) (聖路加国際大学)
委員歴 (5件):
  • 2019/06 - 現在 第40回日本看護科学学会学術集会 編集委員会
  • 2017 - 現在 日本助産学会 ガイドライン委員
  • 2018/07 - 2019/02 第34回東京母性衛生学会学術セミナー 運営委員
  • 2014 - 2015 第11回 国際助産師連盟(ICM)アジア太平洋地域会議・助産学術集会 実行委員
  • 2013 - 2013 第28回東日本地方会 運営委員会
受賞 (1件):
  • 2018 - 日本私立看護系大学協会 平成30年度看護学研究奨励賞
所属学会 (4件):
日本看護科学学会 ,  日本母性衛生学会 ,  日本国際保健医療学会 ,  日本助産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る