{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702214402212290   整理番号:17A0837804

火山噴気孔探査を目的とした遠隔操作型小型移動ロボットの開発

著者 (5件):
資料名:
巻: 2016  ページ: ROMBUNNO.2A1-18a5  発行年: 2016年06月08日
JST資料番号: L0318B  資料種別: 会議録 (C)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
噴気孔調査は。火山噴火予測に欠かせない調査である。現在,この噴気孔調査はすべて人の手によって行われており,その調査は有毒ガスや水蒸気の突沸など様々な危険をはらんでいる。そこで,本研究では,この作業を安全に行うことを目的とし,噴気孔の画像取得と温度計測を行う事が可能な遠隔操作型の小型移動ロボットを開発した。本稿では,噴気孔調査をロボットで行うためのシナリオを検討し,開発した小型移動ロボットについて説明する。また,伊豆大島の火山環境でフィールド試験を行い,その有用性を検証したので,これを報告する。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ロボットの設計・製造・構造要素  ,  ロボットの運動・制御  ,  地球熱学,火山物理学 

前のページに戻る