{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702216115937737   整理番号:17A0092597

内示生産システムにおける需要の不確実性への対応

著者 (1件):
資料名:
巻: 39  号: 3/4  ページ: 1-12  発行年: 2016年12月31日
JST資料番号: L0738A  ISSN: 0387-1436  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
内示生産システムは,自動車メーカが部品供給者に事前に「内示情報」を提示し,自社の生産開始直前に「確定注文情報」を伝達し,自社の生産に同期する部品納入を要請する仕組である。本稿では内示数量と確定注文数量との需要量の変動(ブレ)によって生ずるリスクを,不確実性リスクと呼ぶ。同リスクに対応する供給者の生産対応形態を,3種のリードタイムを用いてI型,II型,III方に分類し,それぞれに存在するリスクを明らかにした。また需要変動を「需要量の期待値の変動」「需要量のバラツキ」に分け,各要因から生じるリスクへの対応策を述べた。供給者が行う不確実性を低減する取組についてのヒアリング調査によると,リードタイムの短縮,部品共通化,フレキシブルライン等が効果的である。先行研究で製造工程のフレキシビリティに基づき提案された操作概念では,不確実性リスクに対する考慮が十分ではない。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
自動車製造  ,  資材管理  ,  工程管理 
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る