{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702225311281368   整理番号:17A0012365

スケルトン・インフィル型集合住宅の変形可能性の評価方法に関する研究 1983~99年に建設された三事例の試行分析をもとに

A STUDY ON THE ASSESSMENT METHOD OF TRANSFORMABILITY OF SKELETON-INFILL APARTMENT BUILDINGS: Through attempted case studies on three example buildings built between 1983-99
著者 (4件):
資料名:
号: 731  ページ: 61-69  発行年: 2017年01月30日
JST資料番号: Y0894A  ISSN: 1340-4210  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
集合住宅建築の変形可能性に関する高信頼性的,客観的また実用的アプローチのため,本稿では,建築要素とユーザに対する変形容易性を組み合わせた変形容易性(DFT)指標及び変形可能性プロファイル(TP)評価法を提案した。本方法を用いて,既存SI集合住宅建築の3事例について,その意図された変形可能性(設計者からのデータに基づく)と経験された変形可能性(実際の変形記録に基づく)と共に,その変形可能性の一致に関して分析した。本稿では,約100戸年程度が,意図された変形可能性と経験された変形可能性の一致の評価に十分な継続期間と考えられるという結果を得,また,潜在的変形可能性評価の進展に関する方向性を示した。(翻訳著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
建築物の維持・管理 

前のページに戻る