{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702256186882245   整理番号:17A0586302

水素吸蔵合金を利用する太陽追尾システムの基礎技術開発

著者 (4件):
資料名:
号: 14  ページ: 18-24  発行年: 2016年12月
JST資料番号: L1025A  ISSN: 0917-1851  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
太陽光発電の発電量増加には,太陽電池の光電変換効率向上と,太陽電池への入射光制御が有効である。本研究開発は,太陽電池への入射光制御の改善として,わずかな温度差で放出水素圧が変化する水素吸蔵合金を利用して無電源で自律駆動する太陽追尾システムの実用化を目指し,試作及び動作実験を行った。設置場所が降雪地で,低温低日射量の冬季期間で実験条件が悪いにも関わらず,追尾の動作を確認し発電量増加も認められたことから,水素吸蔵合金を用いれば特別な電気的制御を必要とせずに無電源で太陽を追尾することを実証した。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
太陽エネルギー利用機器 
引用文献 (6件):
  • 例えば、トランジスタ技術SPECIAL編集部/編,太陽光発電のしくみと実例,グリーン・エレクトロニクス,No.5(CQ出版)(2011),p37-38.
  • 濱田靖弘,松村一弘,須田孝徳,小林弘幸,特開2015-171281,太陽追尾装置及び太陽光利用システム,(2014).
  • 武者亮佑,須田孝徳,濱田靖弘,松村一弘,準寒冷地域における室温制御用自律駆動型開口部自動開閉装置の研究第2報二種類の温度帯における長期運転実績とその評価,空気調和・衛生工学会平成25年度大会学術講演論文集Vol.2013,No.10(2013),p185-188.
  • 大西敬三,水素吸蔵合金のおはなし改訂版(日本規格協会)(2003),p46.
  • 吉田静男,松村一弘,水素吸蔵合金を利用した自律駆動型アクチュエータの開発,水素利用技術集成,Vol.3,(エヌ・ティー・エス)(2007),p695-703.
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る